周防大島町 青木周弼・研蔵生誕の地

青木周弼青木研蔵兄弟の父青木玄棟は、
大島和田村の村医者でしたが、
知識と技術を侮辱された経験があるようで、
2人に良師について学業に励むよう遺言しました。
大島の地下医の息子が藩主御側医になったのには、
そういう経緯があったようです。


周防大島町和田周辺(青木周弼・研蔵生誕の地の場所)


青木玄棟宅跡は、現在みかん畑になっています。


青木周弼 研蔵生誕の地」碑。
父の玄棟は自らの知識の無さを恥じ、
息子らには正式な医学を身に付させたいと、
遺言したものだと思われます。
兄弟ははじめ三田尻の能美友庵を師事して漢方学を学び、
長崎や江戸で蘭医学を身に付けました。
やがて藩に知られる事となって藩医となり、
種痘を持ち込んでコレラの予防を行い、
藩医学所の設立に貢献。兄弟共に御側医となっています。

■関連記事■
山陽小野田市 青木周蔵誕生地
 青木研蔵の養子となった周蔵の誕生地。
萩市 好生堂之跡
 長州藩は医学研究施設。研蔵が種痘を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。