山陽小野田市 青木周蔵誕生地

山陽小野田市青木周蔵誕生地があります。


山口県山陽小野田市埴生小埴生周辺

青木周蔵は蘭学医青木研蔵の婿養子となり、
維新後は外務省に入って外交に尽力し、
外務大臣として条約改正に成功した人物ですが、
独貴族令嬢エリーザベトとのロマンスの方が有名。

青木研蔵の娘テルを妻としていた周蔵は、
エリーザベトとの結婚のために、
周蔵テルと離縁する事を望みますが、
もちろん青木家はこれを許さない。
もつれにもつれた話し合いの結果、
テルに新しい夫を見つけて結納金を払う事を条件に、
青木を名乗ったままエリーザベトと結婚を許されました。
これは美談のように語られますが、
離縁されたテルはたまったもんじゃないですね。


埴生から山陽本線の高架をくぐって小埴生へ。
ビニールハウスの前に目印の看板があります。


故外務大臣青木子爵誕生地記念」。
先ほどの看板から歩いてすぐの所にありました。
周蔵の実父は埴生の村医三浦玄仲
父玄仲は村医でありながら、蘭学に理解のある人物とされ、
玄仲が種痘医として登録された事をきっかけに、
青木周弼・研蔵の知故を得て、
その才能を買われて婿養子となりました。
父の玄仲が藤曲村(宇部市藤曲)に移居するまで、
当時団七と呼ばれていた周蔵は、
6歳までここで暮らしました。

その後、青木研蔵の養子となり、
名を周弼・研蔵の一字を貰い周蔵と名乗ります。
明治元年に藩費でドイツに医学留学しますが、
医学より政治・経済に興味が移って、
専攻科目を無断で変えてしまいます。

明治6年に外務省に入り、駐独代理公使から駐独公使に任命。
その頃、独貴族令嬢エリーザベトと知り合い恋に落ちます。
エリーザベトとの結婚には困難がありましたが、
幾多の困難を乗り越えて結婚。
その後、外務大臣などを歴任して条約改正に尽力します。

さて、青木周蔵誕生地の近くには幕末には関係ないですが、
珍しい史跡があります。それは「和泉式部の墓」。
和泉式部の墓は全国にあったりしますが、
その中の一つというわけですね。
青木周蔵誕生地のすぐ近くにあります。


墓所入り口には、
あらざるむ この世のほかの思い出に
 今ひとたびの 逢ふこともがな
の歌碑が建てられています。


和泉式部の墓所」。
歌碑の奥に丘があり、その上に墓が建てられています。

まあなんとも信憑性の薄い話ですが、
まあロマンでしょうかね・・・。

時期的に考えても団七少年はここが和泉式部の墓だと、
両親や村民に聞いていたのかな?

■関連記事■
山陽小野田市 来島又兵衛誕生之地など
 遊撃軍総督来島又兵衛の誕生地。
山陽小野田市 厚狭毛利家墓所
 山陽小野田市厚狭周辺は厚狭毛利家の領地。
山陽小野田市 厚狭護国神社
 厚狭毛利家によって建立された招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。