山陽小野田市 厚狭護国神社

山陽小野田市の厚狭は、一門家老厚狭毛利家の知行地で、
現在は田舎ながら新幹線の駅もあります。

厚狭毛利家の幕末の当主毛利元美は、
攘夷戦時の赤間関海防総奉行でしたが、
外国船への砲撃をためらって解任されていたり、
椋梨藤太の俗論党政権時に加判役であったりと、
あまり良いイメージのある人物ではありません。
正室毛利勅子女学校の設立に貢献して活躍してる分、
影も薄い人物となっています。

高杉晋作のクーデターによって正義派政権が誕生すると、
職を追われて厚狭で謹慎していますが、
対幕戦では厚狭毛利家でも汚名返上の機会と家臣達が奮闘。
厚狭毛利家家臣団は南十一大隊に編入され、
小倉戦争に従軍して戦死者を出しています。

謹慎中の毛利元美は、厚狭毛利家家臣戦死者の招魂の為、
知行地の物見山の山頂に「物見山招魂場」を創建。
後に厚狭護国神社として、地元の英霊を合祀するに至ります。

物見山総合公園周辺(厚狭護国神社の場所)。

元々物見山の山頂にあった招魂場は、
参拝に便利な現在地に移され整備されました。

厚狭護国神社」。
社域は比較的広く社殿も大きい。
英霊を合祀した護国神社の社殿は、
幕末期だけの招魂社より規模が大きいですね。

左右に配置された墓碑は476柱
桜山神社より多いですね。

右手側の墓碑群。


左手側の墓碑群。

整然と並ぶ墓碑は壮観ではありますが、
それだけこの地域に戦死者が多かったということ。
これらの墓碑のほとんど全てに「陸軍」、
若しくは「海軍」と頭に刻まれています。
つまり、明治以降の戦死者ということですね。

見渡す限り「陸軍」若しくは「海軍」と刻まれていて、
小倉戦争での戦死者がなかなか見当たらない。
・・で、やっと見つけました。

左手側の最後列の左側。
左手前より、
原田政之進興家神霊」、「二歩荘之介源忠恭神霊」、
小野萬蔵橘正忠神霊」、「○道静間禰壽太政武神霊」、
山田捨之進橘○義神霊」、「陸軍軍夫国弘熊吉」、
弘岡三吾幸哉神霊」、「桑原玄播○真○神霊」・・・・
他の招魂場と同様に後ろ側が古いものでした。

今回の物見山招魂場で、長門国の招魂場は全て巡りました。
あとは周防国の方の招魂場が残っているのですが、
下関からはなかなか遠いんですよね~。

■関連記事■
萩市 萩市護国神社
 干城隊、第一大隊及び第四大隊戦死者を招魂。
山口市 朝日山招魂社
 久坂玄瑞、入江九一、吉田稔麿らの墓碑もあります。
宇部市船木 船木護国神社(再訪)
 船木宰判によって建立された招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。