萩市 萩市護国神社

道の駅 萩しーまーとの近くにある萩市護国神社は、
干城隊第一大隊及び第四大隊の戦死者を、
招魂する目的で創建された長添山招魂場が前身です。

阿武川より分かれた新川の東側にある小高い山に、
明治元年に藩によって建立されたもので、
後に振武隊を祀る土原招魂場と合併し、
明治以降の各事変戦役に殉じた英霊を合祀し、
萩市護国神社となりました。


道の駅 萩しーまーと周辺(萩市護国神社の場所)


萩市護国神社鳥居」。
軽自動車がぎりぎり通れるような細道から、
萩市護国神社に入れます。


招魂場は小高い山にあることか多く、
急な石段がある場所が多いのですが、
3歳の子供を抱えて登るにはなかなか辛い。


萩市護国神社境内」。
階段を登るとある程度広い境内が広がっています。
ここを訪れる人も少なそうですが、
結構きれいに整えられていました。
定期的な掃除・整備はされているようですね。


干城軍之碑(右)」、「第四大隊之碑(中央)」、「振武隊招魂碑(左)」。
招魂されている各隊の顕彰碑が並びます。
干城隊(干城軍)は、内訌戦後に結成された隊で、
他の諸隊とは異なり、世禄の藩士だけで編成された部隊。
自刃した三家老の一人福原越後の養嫡子で、
後に日本初の法廷弁護士となる福原駒之進を総督に、
佐世八十郎(前原一誠)が頭取を務める肝いり部隊です。
奇兵隊と共に戊辰戦争の主力部隊として活躍しました。

第四大隊は、兵制改革によって再編成された常備大隊で、
諸隊を第一~第四大隊に振り分けて再編成したもの。
第四大隊には桂太郎も二番隊司令として所属。
世田谷松陰神社の「長藩第四大隊戦死者招魂碑」碑は、
桂太郎が建立したものです。

振武隊は、南園隊義昌隊が合併された部隊。
戊辰戦争の長州藩主力のひとつとして活躍しましたが、
多くの隊士が明治4年の脱隊騒動に参加しています。


第一大隊碑」。
上記と同じく諸隊を再編した常備大隊の顕彰碑。


他の招魂場と同様に墓碑が並びますが、
建てられた墓碑は31柱しかなく、
干城隊73柱、第一大隊62柱、第四大隊52柱、
振武隊62柱が合祀されてるわりに墓碑が少なく感じる。
神道で墓碑はそれほど意味がないのも承知していますが・・。

儲かる道の駅で有名な「萩しーまーと」。
観光客より地元民をターゲットとし、
萩漁港から水揚げされる魚をすぐに店頭に並べて、
新鮮な魚を安く提供することにより、
観光客もそれが良いと増えているらしい。
そんな「萩しーまーと」から歩いて行ける場所に、
幕末維新に殉じた諸隊士を祀る場所があることは、
意外と知られてはいません。

■関連記事■
山口市 朝日山招魂社
 久坂玄瑞、入江九一、吉田稔麿らの墓碑もあります。
宇部市船木 船木護国神社(再訪)
 船木宰判によって建立された招魂社。
下松市 下松護国神社
 都濃宰判によって建立された招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。