下関市岬之町 真木菊四郎殉難之地

真木菊四郎は、久留米の尊皇攘夷指導者真木和泉の四男で、
父と共に尊皇攘夷運動に参加しました。

禁門の変で父が討たれ、菊四郎は敗残兵と共に長州に落ち延びます。
敗残兵の中には長州藩兵だけでなく、他藩の志士達も参加していましたが、
土佐浪士池内蔵太もその一人です。

池内蔵太は佐幕的な土佐藩から脱藩し、長州の保護を受け、
攘夷戦等に参加して遊撃隊の参謀にもなっていました。

天誅組の決起にも参加し、八月十八日の政変後の長州軍の進発では、
真木和泉を総督とする忠勇隊に参加して、禁門の変を戦っています。
長州に落ち延びた内蔵太ら敗残兵は、薩会憎しの気持ちで一杯でした。

しかし他藩の尊攘志士の一部は、倒幕を成功させる為には、
長州藩と薩摩藩の和解が必要と考えました。
真木菊四郎は、父と叔父を禁門の変で亡くしてますが、
遺恨よりそれが必要な道だと薩長和解を模索します。

内蔵太は他藩人ですが、一緒に戦った仲間や長州藩兵の恨みをかかえ、
賊徒と和解などけしからんと、菊四郎を切り殺してしまいます。

ここはその菊四郎が殺された場所です。

真木菊四郎殉難之地」。
日本銀行下関支店の裏手、高野山真言宗の功徳院入り口に、
小さな石碑が建てられています。

菊四郎の遺体は、生前の遺言により赤間神宮(当時は阿弥陀寺)裏の
紅石山に埋められました。
現在、その横には白石正一郎の奥津城も建られています。
真木菊四郎・白石正一郎の奥都城

池内蔵太は菊四郎暗殺後下関を離れ、亀山社中に合流しましたが、
ワイルウェフ号の遭難事故で死亡しました。
水天宮の神官の息子を殺した犯人が水死するとは、
皮肉か?それとも水天の祟りでしょうか?

薩長和解けしからんと菊四郎を殺した内蔵太でしたが、薩長同盟を推進したのは、
長州で一緒に戦った土佐の兄貴分中岡慎太郎と、
亀山社中(海援隊)のボスである坂本龍馬だったという事は、
皮肉というほか言葉が見当たりませんね。

■関連記事■
福岡県久留米市 山川招魂社
 真木菊四郎の墓碑もあります。
福岡県久留米市 水天宮
 菊四郎の父真木和泉は水天宮の神官。
長崎県南松浦郡 ワイルウエフ号と潮合騒動
 暗殺した池内蔵太は遭難事故で水死しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。