長崎県南松浦郡 ワイルウエフ号と潮合騒動

仕事の商談で上五島に行きました。

上五島の中通島は、亀山社中ワイルウエフ号が遭難・沈没した島です。
現在、沈没現場周辺に「坂本龍馬ゆかりの地」という石碑と銅像が建っていて、
前回上五島に行った時、さらっと見に行ってます(記事はこちら)。

今回は商談なので時間がありましたので、
商談終了後にもう一度じっくり訪問してみようと思います。

中通島へは、佐世保から高速船で1時間30分。
有川港に着きます(写真が逆光になってしまいました)。
この有川には、福江藩有川代官所がありました。

ワイルウエフ号は、坂本龍馬薩摩藩の後援を得て購入した洋式帆船で、
長崎で購入された同船は、荒鉄、銅地金、大砲、小銃等を積んで薩摩に向かいます。
亀山社中の運用するユニオン号(長州藩船籍)に曳航され、
慶応2年4月28日に長崎を出発します。

順風な航海を続けたが、2日後の4月30日に暴風雨に遭遇
衝突の危険を恐れ、ユニオン号とワイルウエフ号を繋ぐロープが切られ、
その後、ユニオン号は鹿児島に到着しますが、
ワイルウエフ号は五島列島付近まで流されてしまいます。

上五島の潮合崎付近までたどり着いたワイルウエフ号は、
沖合いに碇を下ろしますが、大波の影響で浅瀬に乗り上げてしまい、
その引き波で転覆。沈没してしまいます。

乗員16名は海に放り出され、12名が水死。
奇跡的に4名だけが磯に打ち上げられて助かりました。

沈没後、漁民の通報を受けて福江藩の有川代官近藤七郎右衛門ら5名と、
友住遠海番役安永惣兵衛ら数名が現場に駆けつけます。
平穏な島に訪れた一大事。仮番所(対策本部みたいなもの)が設置され、
救助されたのは、亀山社中浦田運次郎と、薩摩藩士村山八郎、水夫市太郎三平の4名。

水夫の2人は現場の江ノ浜に残し、浦田と村山は遠海番所のある友住に移動させます。
これは身分の違いで分けられたのでしょうね。

ちなみに上五島を所領とする福江藩五島氏といえば、
悪制として名高い「三年奉公制」を実施した藩です。
これは領民の長女を除く娘が16歳に達すると、
福江の武家へ3年間無給で奉公に出されるという奴隷制度。
身分制度がかなり強い藩風だったと思われます。


ワイルウエフ号が沈没した江ノ浜の海。
左側のテトラポットの山付近が沈没した場所と思われます。
※僕のボロカメラにパノラマモードがある事に気づいて、パノラマで撮影。


坂本龍馬ゆかりの広場」。
沈没地点に向いて手をあわす龍馬の銅像「坂本龍馬ゆかりの地」の石碑。
そしてワイルウエフ号の舵棒のレプリカがあります。
「坂本龍馬ゆかりの・・・」ってもうちょっと違う命名できなかったのかなぁ・・?
ビックネームの「坂本龍馬」を使ったほうが、
観光客を呼べるという魂胆からこういう名前になったんでしょうけど、
上五島まで龍馬史跡を見に来るって相当のコアなファンですよ。
ワイルウエフ号殉難地」の方が絶対ウケが良いと思います。

そしてここにも「坂本龍馬ゆかりの・・・」があります。

坂本龍馬ゆかりの碑」とは、ワイルウエフ号殉難者の慰霊碑の事。
いやね。やっぱり慰霊碑なんですから「坂本龍馬ゆかりの・・・」はマズイでしょ?
なんでもかんでも「坂本龍馬ゆかりの・・・」を付けるのはバチ当たりじゃないですか?


浜ノ浦共同墓地」にワイルウエフ号殉難者の慰霊碑があります。
墓地の外周全てが柵で囲まれていて、入ることが出来ずにこまっていると、
地元のおじいさんが歩いてきましたので聞いてみると、
イノシシが出てお供え物を食い散らかすようなので柵をした模様。
柵の扉に付けてあるヒモをほどいて入っていいそうです。
参りおえたらヒモはしっかり縛っておいてとの事。


墓地にはコンクリートの小屋があり、この中に慰霊碑(墓)があります。
風化を防ぐ為でしょうか?この慰霊碑は長く忘れ去られていて、
何の墓が誰も知らなかったようですが、昭和43年に地元小学校教諭によって、
発見されました。


ワイルウエフ号殉難者の慰霊碑」。
正面に
高泉十兵衛細江徳太郎水主頭虎市同熊吉水主浅吉
徳次郎勇蔵忠次郎嘉蔵貞次郎幸助常吉
・・と記されています。
高泉十兵衛は黒木小太郎の、細江徳太郎は池内蔵太のそれぞれ変名です。
この碑の正体が判明されるまでこの墓(碑)は誰の墓か地元の人もわからず、
ただ「さつまじんさま」とだけ伝えられていた様です。
引き上げられた殉難者の遺体は、火葬されてここに埋葬されています。
事故を聞きつけた龍馬がこの地を訪れ、この慰霊碑を建てました。


案内板もしっかりと作られていますが、残念ながら名前は「龍馬ゆかりの碑」。
ワイルウエフ号殉難者慰霊碑」みたいな名称の方が良いんじゃないでしょうか?


近くの民宿「民宿潮騒」にワイルウエフ号の舵棒(本物)が保存されていました。
先ほどの「坂本龍馬ゆかりの広場」と「高知県立龍馬記念館」に複製があります。


ワイルウエフ号の舵棒」。
近づこうとすると、いきなり犬が出てきました(驚)。
吼えて近づくことが出来ません。

有川代官近藤七郎右衛門の指揮のもと、遺体、漂流物の回収が行われ、
薩摩藩・福江藩の役人も現地入り。
海士・漁師などを雇って沈んだ積荷の引き上げが行われました。
その際に引き上げた舵棒を地元の漁師が貰い受けて保管しており、
それが「民宿潮騒」の舵棒だそうです。

ちなみに殉難者の中の細江徳太郎池内蔵太の変名ですが、
彼が細江徳太郎を名乗るきっかけとなったのは、
真木菊四郎暗殺事件(記事はこちら)から。
長州に居られなくなった池を龍馬が匿い、
細江徳太郎を名乗らせて亀山社中に入れています。

静かな漁村がワイルウエフ号の沈没という事件で大騒動となりました。
捜索回収作業は1ヶ月半ほどかかっています。

この一連の出来事は「潮合騒動」と呼ばれました。

■関連記事■
長崎県南松浦郡 鯛ノ浦キリシタン六人斬り関連史跡
 中通島で発生したキリシタン殺人事件。
長崎県南松浦郡 続代官所跡
 五島列島全てが福江藩領ではなかったようです。
広島県福山市 鞆の浦①///
 海援隊と紀州藩が起こした衝突事故。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。