長崎県南松浦郡 鯛ノ浦キリシタン六人斬り関連史跡

徳川幕府の時代、
キリスト教は禁教となっていましたが
明治維新によって幕府が倒れた後、
太政官によって立てられた「五榜の掲示」により、
切支丹宗門の禁止があらためて謳われました。

時をさかのぼって元治元年。
浦上天主堂プティジャン神父による信徒発見を発端に、
長崎各地に「隠れキリシタン」が生息している事がわかり、
信徒達の多くが捕えられ弾圧が行われています。

幕府が倒れて新政府が樹立した後も、
冒頭のように禁教となっており、
キリスト教が解禁となるのは、
明治6年まで待たねばなりませんでした。

明治3年正月。
中通島鯛ノ浦にある鷹巣に住む中田寅吉宅に、
有川郷士4人組が現れ「新刀試し斬り」と称して、
寅吉の妻ヨネ、長男勇次、次女レツ
そして平戸から出産に来ていたヨネの妹コンと、
コンの夫友吉を殺害。
臨月の胎児を合わせて6人が残忍に殺されました。
後に犯人は特定され、
4人の郷士は切腹を申しつけられています。

この殺人事件の被害者6人の遺体と遺品は、
福江藩の検死の後に遺体は鯛ノ浦教会裏の小高い丘に、
遺品は協会敷地脇の窪地にそれぞれに埋葬されました。


鯛ノ浦教会」。
被害者達はこの教会の裏山に埋葬されましたが、
当時はまだ教会はありませんでした。
キリスト教か解禁となった後の明治13年に、
フランシスコ・ブレール神父が上五島に赴任し、
藁葺長屋を建てたのが鯛ノ浦教会のはじまり。
この聖堂は、長年使われた木造の聖堂の老朽化に伴い、
信徒の寄付によって建てられたもの。


旧鯛ノ浦教会堂」。
藁葺長屋のあとに建てられた木造の聖堂で、
前面には煉瓦の鐘楼が付属しています。
この鐘楼の煉瓦は、
原爆により破壊された浦上天主堂の煉瓦との事。


鯛ノ浦ルルド」。
教会の後方に造られているルルド
ルルドとはフランスにある地名の事で、
聖母が現れた奇跡の地の事です。
聖母が現れたとされる「マッサビエルの洞窟」と、
その洞窟の上に立つ聖母を模したものがルルドで、
上五島出身の芸術家中田秀和によるもの。


ルルドの傍らにある鯛ノ浦教会ゆかりの聖人達の像。
左から「ブレル氏海難殉教之碑」。
鯛ノ浦教会初代主任司祭フランシスコ・ブレール神父は、
外海の出津教会を訪ねた後の帰路、
遭難して助けられた船の船員に、
金品を強奪されて殺害されています。
次が「ヨハネ五島草庵殉教之碑」。
豊臣秀吉による弾圧で殉教した日本二十六聖人のひとり。
五島列島の小島出身の19歳の若者だった様です。
右から2番目は「中田秀和画伯之像」。
鯛ノ浦ルルドを造った芸術家で、
代表作は大浦天主堂信徒発見100年 記念レリーフや、
浦上天主堂のフレスコ画聖母子像
一番左が「森松次郎翁顕徳之碑」。
森松次郎は幕末の人物。
出津の染物屋で隠れキリシタンの指導者であった森は、
大村藩の弾圧から逃れ、鯛ノ浦に移り住んでいました。
信徒発見後、大浦のプティジャン神父に会い、
五島の隠れキリシタンの指導者となります。
弾圧から逃れて大浦天主堂にかくまわれた後、
プチジャン司教に同行してマニラに渡り、
帰国後は家族と共に再び潜伏しますが、
キリスト教の解禁後は大浦に移り住んで、
教会の記録や出版を手伝い、各地で布教活動を行いました。


鷹巣キリシタン殉教之碑」。
キリシタン六人斬り被害者達の碑。
この事件の被害者友吉の息子長吉が生き残っています。
犯人らは一家を惨殺する際、長吉をわざと生かし、
6歳の長吉の目の前で家族は惨殺しています。
この猟奇的な犯行は、すぐに藩に知れることとなり、
6~7人の容疑者が捕えられましたが、
長吉は彼らの顔を見て、誰が父を殺し、
誰が母を殺したかを的確に答え、
下手人が特定されることとなりました。
4人の下手人は福江の藩庁に送られて取り調べを受け、
その後、戻されて引き回しが行われ、
その後に切腹の処分となったようです。
※引き回しされる程ですので、
 切腹ではなく斬首だったかもしれません。


鯛ノ浦教会を出て県道を北に向かい、
実際の事件現場へ。

鷹の巣キリシタン殉教碑」。
中田寅吉宅があった場所にある記念碑。
現在は綺麗に整備されて、
石碑と共に説明板も立っています。
予備知識なくここを訪れたら、
ここが凄惨な殺人現場だとは思わないでしょう。

4人の下手人が特定されると、
福江藩の役人達は長吉の手により、
親の仇を討たせようと考えていましたが、
親族の反対があって断ったとの事。
復讐はキリスト教の本旨ではないとのことらしい。


憶念寺」。
大正4年開山という比較的新しいお寺ですが、
五島列島には浄土真宗大谷派の寺院はなかったそうで、
明治12年に有川説教場が開設されてから、
五島で初めて真宗大谷派が広められたようです。
キリシタンの多い土地柄でしたでしょうし、
もしかしたら政府の意向があったのかもしれませんね。
この憶念寺の裏手に切腹した4人の墓があります。


切腹した4人の墓(名前は伏せます)。
先ほど斬首だったのかも?と書きましたが、
墓があるという事はやはり切腹だったのでしょう。

後になって被害者達の手の骨が大浦天主堂に送られ、
殉教者の列に加えられたという。
この凄惨な事件は4人の切腹をもって終焉となりますが、
同時にキリシタンの弾圧も終息したようです。

■関連記事■
長崎県長崎市 お告げのマリア修道会墓地
 浦上四番崩れを生き抜いた信徒達の墓地。
萩市 萩キリシタン殉教者記念公園
 萩で殉教した信徒らの墓石を集めた記念公園。
大分県竹田市 謎の岡藩城下町
 謎のキリシタン遺構が点在する城下町。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。