長崎県長崎市 お告げのマリア修道会墓地

長崎市内の墓地は、なんというか辛気臭く無い。
普通(?)は墓地ってのは、
オバケが出そうに感じられるものですが、
まったくそういう感じはありません。
※個人的意見です。

そう感じられる原因は数点あるのですが、
まずは墓地が綺麗に整備されているという事。
平地の少ない長崎では、住宅と墓地が密接している為か、
荒れた墓地というのが見られない。
ほんとに綺麗に整備されています。
また全ての墓石が比較的大きい事と、長崎特有の金文字
墓域も広いし、ほとんどの場所がコンクリートで固められている。
日当たりの良い場所にありますし、
そしてなにより十字架をあしらった墓石も多い。

全てでは無いにせよ、そういう墓地が多い気がします。

今回訪問した墓地もそういう感じでした。

こうらんばキリシタン墓地」。
ここは「お告げのマリア修道会」の信者さん達の墓地で、
キリスト教特有の色々な形の墓石が並んでいます。
お告げのマリア修道会とは、カトリックの女子修道会で、
パリ外国宣教会のマルク・マリー・ド・ロ神父らが、
長崎の赤痢大流行への救護活動を始めた際に、
その手助けをした浦上村の岩永マキら4人の未婚女性が、
共同生活を始めた「女部屋」をその起源とします。

彼女達はド・ロ神父の救済活動の手伝いに志願し、
家族達への赤痢感染を防ぐために家には帰らず、
高木仙右衛門宅の納屋に寝泊りし、
長崎各地へ救済に向かいます。
両親を無くした孤児を引き取り、その養育費捻出の為に、
布製品を作って売ったり、薬や日用品の行商を行いました。
次第にその活動に感銘を受けて参加する女子も増え、
ド・ロ神父は私財を投じて孤児院を建てます。
その孤児院は「子部屋(現在の浦上養育院)」と呼ばれ、
彼女達の共同生活の場は「女部屋」と呼ばれました。

岩永マキは孤児達を自分の籍に入れて養育しています。
養子となって岩永姓となった人数は200余人にも及び、
養育された人数は920人以上という。


お告げのマリア修道会合葬墓」。
墓地にある修道女達の合葬墓。
病人や孤児達に尽くした彼女達は、
その生前の共同生活と同じく、
ひとつの墓の中で眠っています。
創始者である岩永マキも他の修道女と何ら変わりなく、
墓誌に名が刻まれているのみでした。


寒ざらしのツル」こと岩永ツルの名も。
浦上四番崩れにおいて、隠れキリシタンの弾圧が行われ、
捕縛された信徒らは津和野福山へ流罪となります。
各地で棄教を迫る拷問が行われましたが、
その中でも有名なのが萩に移送された岩永ツルで、
冬に腰巻き1枚の裸にされたうえ、
野外で拷問石に正座らされ、
夜になるとそのまま牢へ帰されて、
翌日また正座させられるという拷問を受けました。
大雪となっても同じ事が毎日繰り返され、
18日目に雪の中に倒れますが、
それでも棄教せず役人は改宗させるのを諦めたという。
ツルはキリスト教の解禁後の明治6年に浦上に戻り、
当時十字修道会と名乗っていたお告げのマリア修道会に入信し、
生涯を伝道に捧げました。


ドミニコ高木仙右衛門之墓」。
隠れキリシタンの指導者であった高木仙右衛門は、
代表者として長崎奉行所に出頭し、
キリシタンであると表明します。
これによって高木ら信徒らが捕らえられて拷問を受けますが、
他の信徒が棄教を誓う中で、高木のみが従いませんでした。
当時の長崎奉行河津祐邦は、高木を呼んで理解を示し、
法で許されていないから表立った信仰をせずに、
心の中のみで信仰するように諭しますが、
この提案にも応じなかったので、
河津は高木に帰ってよく考えるようにと言って、
家に帰しています。

そのすぐ後、幕府の崩壊によって河津は長崎を脱出。
新政府が樹立し、改めてキリスト教の禁止が確認された為、
信徒らは捕縛されて流刑となり、
高木は津和野に流されました。
明治6年に許されて故郷に帰り、
以後は伝道に生涯を捧げています。

綺麗に整備された墓地には、
拷問を受けても信仰を捨てなかったキリシタン達の、
苦悩が隠されているようです。

■関連記事■
萩市 萩キリシタン殉教者記念公園
 浦上四番崩れで萩に流された殉教者たちの記念公園。
島根県鹿足郡津和野町 殿町通り
 高木仙右衛門は津和野に流罪となっています。
長崎県南松浦郡 鯛ノ浦キリシタン六人斬り関連史跡
 上五島で発生したキリシタン殺害事件。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。