大分県竹田市 謎の岡藩城下町

大分県竹田市に日帰り旅行。
下関から車で4時間位掛かりますので、
8時に出発して昼頃に到着します。

お目当ては大分諸藩の藩庁で、唯一行っていない岡城跡。
滝廉太郎が「荒城の月」をイメージした城とされ、
キングオブ山城」とも称される大規模の山城です。
・・が、その岡城の記事は次回にまわし、
今回はその城下町の記事。

岡藩はとても不思議な藩で、
城下で隠れキリシタンの遺跡が数多く発見され、
藩ぐるみでキリシタンを匿ったのではないか?
とさえ云われています。
それはキリシタンへの弾圧が他と比べて非常に緩く、
弾圧によって処刑された人数も少ない事や、
岡城の廃城によって城が解体された際、
御殿からキリシタン遺物が発見された事などから、
その様に推理されるに至っています。

もちろん文献などは全く残されてはいませんので、
推理・推測の域を出ないのですが、
たしかにそういうフシは感じられる・・。
そんなミステリーが岡城下にはあります。

まずは豊後竹田駅で「ネコ駅長」のニャーにご挨拶。

お昼寝中でした・・。
ですが、みよちゃんゆきちゃんは大興奮。
寝ながら「うるさいなぁ・・」といった感じで、
体をよじらせていました。
10年前から駅に住み着いた人なつっこい猫で、
JR九州の許可を得て駅長に就任したようです。

豊後竹田駅より稲葉川を渡ると岡藩の城下町。
良い意味で観光地化されていない懐かしい感じがします。
その西端にある鳥岳という山にある小さな稲荷社へ。

鳥嶽稲荷神社」。
滝廉太郎記念館の裏手あたりにありました。
何の変哲も無い小さな稲荷社なのですが、
ここを訪れたのには別の理由があります。


「蝶々婦人」のモデル オカネさんゆかりの地」。
3大オペラのひとつ「蝶々婦人」。
蝶々さんは長崎で米海軍士官の子供を授かりますが、
その士官は任務を終えてアメリカに帰ってしまう。
帰ってくるという約束を信じて待つ蝶々さんですが、
再び帰ってきた士官は故郷で白人女性と結婚しており、
子供だけを引き取って養育するという。
これに絶望した蝶々さんは、子供を渡すことを約束して、
自分は自害して果てるといった内容のオペラです。
他の3大オペラ「椿姫」と「カルメン」も、
悲劇的なのは変わませんが、ヴィオレッタカルメンも、
愛してくれる人がいましたが、
蝶々さんにはいないという救いようのない話。
モデルとされるオカネという女性は自害こそしませんが、
さらに悲劇的な人生を歩んでいます。

西南戦争で竹田の住居を失ったオカネさんは、
仏海軍士官ピエール・ロティと同棲しましたが、
ロティは任務を終えて帰ってしまう。
オカネさんはロティが再び日本に戻ることを待ちますが、
ロティは再来日してもオカネさんとは会おうとしません。
オカネさんは失意のまま竹田に帰り、
家の無いオカネさんは、この鳥岳洞窟で暮らしました。

地元の出世頭であった広瀬武夫大尉が竹田に凱旋した際、
オカネさんが鳥岳から降りてきて、初対面の広瀬大尉に、
だんなさま。おかえりなさい」と挨拶したという。
既にオカネさんは気が狂っていたらしい。

ロティは、オカネさんがモデルの小説「お菊さん」を発表。
「お菊さん」は小泉八雲ゴッホにも影響を与えたとされ、
「蝶々婦人」のジョン・ルーサー・ロングにも、
大きな影響を与えたとされます。
名作の陰には悲しい女性の人生がありました。
※ちなみに洞窟はどこかよくわかりませんでした。

鳥嶽稲荷神社を後にして、
竹田キリシタン研究所・資料館」へ。
キリシタン遺物のレプリカが展示しています。

サンチャゴの鐘」。
廃城令によって岡城の建築物が取り壊された際、
西之丸御殿不浄蔵から発見された鐘のレプリカで、
本物は竹田市立歴史資料館に収蔵されていますが、
現在は立て替え中で見ることは出来ません。
これは本物の成分分析や音の分析を経て、
制作された精巧なもので、鳴らすこともできます。

サンチャゴの鐘は長崎のサンチャゴ病院にあったもので、
誰からも見捨てられた病人も面倒を見ていた慈善病院で、
禁教令後も教会が次々に破壊される中、
最後まで破壊を免れていましたが、
1620年(元和6年)に破壊されてしまいました。
そのサンチャゴ病院にあったサンチャゴの鐘が、
どうして岡城の西之丸御殿にあったのかは不明ですが、
ひとつの説が説明されています。

長崎奉行に就任した府内藩主竹中重義は、
厳しいキリシタン弾圧を行いましたが、
密貿易などの不正を行ったために改易されています。
この竹中重義がサンチャゴの鐘をひそかに府内城まで運び、
重義の不正が発覚して改易となった時に、
府内城の城番に任命されたのが岡藩2代藩主中川久盛で、
彼が府内城でサンチャゴの鐘を見つけ、
岡城に運んだのではないかとされています。


ヤコブ像」。
この像もサンチャゴの鐘と共に運ばれたとされます。
サンチャゴの鐘と共に発見されたわけではありませんが、
岡城のふもとに転がっていたのを発見されたものです。
その真上はちょうど不浄蔵があった場所であった為、
取り壊しの際に貴重なものと思われずに、
転がり落ちたのではないかとされています。
こんな石像の頭部が岡城のふもとに転がっていたわけで、
サンチャゴの鐘とセットでないと不自然でしょう。
ちなみにサンチャゴは聖ヤコブのスペイン語で、
サンチャゴの鐘とセットならば、
聖ヤコブの頭部だろうとされました。

このようなキリスト教の遺物が、
藩主の住居である西之丸御殿にあった。
なんともミステリーですね。


広瀬神社」。
広瀬武夫を祀る神社。
広瀬は日露戦争で戦死した軍神第1号の人物で、
古い艦船を旅順港の湾口に沈め、
ロシア旅順艦隊を閉じ込める第二回旅順港閉塞作戦で、
水雷によって沈没させる福井丸から全員を退去させる際、
指揮官附の杉野孫七の姿が無かった為、
救命ボートから福井丸に戻って船内を探しますが、
見つからなかった為、
やむをえずボートに乗り移ろうとしたところ、
頭部にロシア軍の砲弾の直撃を受け戦死しています。


広瀬神社 拝殿」。
部下を探して戦死する激烈な死が称えられた他、
広瀬は人格者として慕われていたようです。
ここには広瀬以外にも地元の戦没者が合祀されており、
他の地域でいう護国神社のような神社でした。

広瀬神社を出て武家屋敷通りへ。
その裏山にキリシタンの洞窟礼拝堂があります。

キリシタン洞窟礼拝堂」。
岩盤をくりぬいて造られた珍しい洞窟礼拝堂で、
ここに宣教師を匿っていたともされています。
ここは家老屋敷の敷地内だったともされ、
その規模は隠れて造れるようなレベルではありません。

他にも城下の古い庄屋商家には地下室があり、
そこを礼拝堂にしていたという話もあります。
また竹田市には稲荷社が大小40箇所以上もあるらしく、
ユダヤ人の王、ナザレのイエス」を表す「INRI」は、
真ん中にAを入れると「INARI(いなり)」になります。
竹田に「お稲荷さん」が初めて出来たのは禁教令後であり、
礼拝所の隠れ蓑として稲荷社を造ったのではないかという。

色々とキリシタンの痕跡があってミステリーですが、
もちろん岡藩は幕府の禁教令に従って、
領内のキリシタンを取り締まっております。
踏み絵も実行しましたし、火あぶりも行っていました。
ですがその弾圧は他所と比べてあまりにも緩い
藩で密かに保護していたのではないかという説があっても、
なんら不思議ではありません。
とはいえ、明治に入ってキリスト教が解禁された後に、
実はキリスト教を保護していました
と発表したわけでもなく、
藩が隠れキリシタンに関与していた証拠はありません。

でもこの城下を観光して思うことは、
これくらいの痕跡があってはじめて
匿っていたんじゃないか?
と思えるようになると感じます。
そう考えると田布施町南朝の天皇を匿っていたのは、
本当に馬鹿らしいというほかありませんね。

■関連記事■
大分県竹田市 岡城跡①/
 岡藩中川家の居城跡。太平の世にも機能した山城。
萩市 萩キリシタン殉教者記念公園
 浦上四番崩れで萩に流罪となった殉教者の記念公園。
大分県大分市 府内城跡
 キリシタン遺物は府内城にあったのではないかという説もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。