大分県竹田市 岡城跡①

①/

岡城岡藩の藩庁。
山城ながら実面積100万㎡という大規模な城で、
諸藩が山城を放棄して藩庁を建設する中、
江戸時代を通じて藩庁の機能を保った珍しい城でした。

本来の山城は要塞であり、敵の侵攻を妨害できると共に、
高所の利を活かしての攻撃も出来るという利点があります。
しかしながら、泰平の世においては不便でしかなく、
山城を持つ諸藩は狭くて不便な山頂部を捨てて、
広くて便利な麓に御殿を建てて藩庁としていました。

岡城が山城のまま機能したのにはそれなりの理由があり、
山頂部がほぼフラットで、移動がスムーズに行え、
家老などの重臣の屋敷も城内に建てる事が可能で、
登城の手間が掛かりません。
政治の機能は全て城内でまかなえるようになっており、
岡城自体が侍町を取り込んでいるようになっていました。
このあたりが藩庁として機能した秘密のようです。


総役所跡」。
駐車場料金所が設置されている場所は、
岡城の総役所のあった場所。
年貢の受取り奉行所などの裁判機関が置かれていました。
要は現在でいうところの総合庁舎があった場所で、
領内の政はここで全て賄えたようです。
岡城跡は石垣のみでなどの建造物は無いのですが、
入場料300円が必要。
もちろん300円払う価値はありますし、
城の地図の書いた巻物も貰えます。


あゝ義経公」碑。
岡城は元々源頼朝に追われた源義経を迎えるため、
豪族緒方惟栄が築城したことが始まりとされます。
義経は九州の豪族であった緒方を頼ろうとし、
緒方は義経の為に岡城を築城して待ちましたが、
九州へ下る際に嵐に遭遇してしまい、
岡城にはたどり着けなかったと書かれていました。
実際には緒方も義経と同行しており、
緒方は嵐で義経と逸れて捕らえられています。


蒲鉾状の石垣の塀」。
料金所から歩いて城内に向かいます。
途中の石垣の塀は、蒲鉾のような形をしており、
沖縄などの南国の城のようでした。


史跡 岡城址」碑。
少し歩いて大手門へ向かう。
大手門へ続く坂と石段脇の塀も蒲鉾状です。
このような南蛮風の意匠は、
キリシタン大名志賀親次によるものでしょうか?


大手門跡」。
どこか西洋の城跡を思わせる大手門跡。
もちろん当時は木製の櫓門が建てられていたので、
西洋風には見えなかったとは思います。


西之丸跡」。
大手門を入って左側が西之丸
西之丸は岡城で最大の面積を持つ曲輪で、
藩主御殿が建てられていた他、
周辺に家老屋敷も数件建てられていました。
岡城が泰平の世でも藩庁として機能したのは、
この広大な西之丸があったからでしょう。


西之丸御殿跡」。
藩主の御殿跡。驚くほどの広大な敷地です。
西之丸御殿は3代藩主中川久清によって建設され、
藩主の住居及び藩庁が置かれました。
廃城令によって岡城の建造物が破壊された際に、
ここの不浄倉で「サンチャゴの鐘」が発見されてます。

西之丸を出て再び大手門の内側へ。

朱印状倉」の石段。
朱印状倉は幕府からの朱印状を保管する大切な場所で、
藩庁には必ずといっていいほど存在していましたが、
その石段はカーブしており、城の石段としては非常に珍しい。

桜馬場を通って三之丸へ。

西中仕切門跡」。
細い桜馬場の通路を行くと、西中仕切門跡が現れます。
この門を抜けると三之丸二ノ丸本丸へと続く。

次回に続く。
①/

■関連記事■
大分県日出町 龍泉寺(瀧廉太郎墓所)
 名曲「荒城の月」は岡城がモデル。
大分県竹田市 謎の岡藩城下町
 岡城下町には沢山の切支丹の痕跡が・・。
三重県津市 津城跡
 幕末の藩主中川久昭は、津藩からの養子でした 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。