大分県日出町 龍泉寺(瀧廉太郎墓所)

箱根八里」「荒城の月」で知られる瀧廉太郎
彼は西南戦争も終わっている明治12年生まれで、
このブログの範囲からは外れるのですが、
彼は日出藩重臣出身ということもありますので、
日出藩重臣家墓所を訪ねるというかたちで紹介致します。

日出藩初代木下延俊に仕えた瀧俊吉を初代とする瀧家は、
以後、11代に渡って家老等の重職を勤めました。
10代当主瀧平之進は、帆足萬里の高弟であり、
帆足の藩政改革の際には、家老職となって帆足の改革を支え、
帆足退任後も家老職を勤め、改革を継続させます。
11代当主瀧吉弘は、慶応元年に家督を相続。
武頭となって日出藩兵に洋式調練を行っています。
維新後、日出藩権大参事大参事に昇任し、
廃藩置県後は、大蔵省に出仕。
内務省に転じて内務官僚を勤めました。

瀧家の墓所は龍泉寺にあります。

龍泉寺本堂」。
本堂はコンクリート製。
空襲かなにかで焼失したのでしょう。
碩学帆足萬里先生 楽聖瀧廉太郎先生 菩提寺」とあり、
帆足萬里の菩提寺でもあるようです。


瀧家墓所」。
本堂の左に瀧家墓所があります。
廉太郎と父吉弘、妹の郁子の墓は、
大分市の万寿寺にありましたが、
平成23年に遺族の意向により、
累代墓所である龍泉寺に移設されました。


瀧廉太郎君碑」。
東京音楽学校の同窓有志者が建立した石碑。
これも万寿寺にあったもので、
墓石の移設の際にここに置かれました。


瀧累世之墓」。
廉太郎と父の吉弘、妹郁子の合葬墓
楽聖と呼ばれる人物にしては、あまりにも小さな墓。
ドイツ留学中に肺結核を患い、帰国し大分で23歳で死去。
その死後、結核での死亡ということもあり、
手元にあった未発表の楽譜も焼却されたとされました。
名曲になりえたかも知れないその楽譜が失われたのは、
とても残念な事ですね。

■関連記事■
大分県竹田市 岡城跡①
 名曲「荒城の月」は岡城がモデルとのこと。
大分県日出町 日出城跡
 瀧廉太郎は日出藩の家老家出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。