大分県竹田市 岡城跡②

前回からの続き。
/②


三之丸跡」。
ここからが篭城用の空間である本来の山城といったところ。
広大な西之丸に比べるとかなり狭いイメージがありますが、
戦闘用としては十分だと思われます。


蕃山先生頌徳碑」。
三之丸跡にある江戸時代初期の学者熊沢蕃山の碑。
蕃山は浪人の子として生まれましたが、
陽明学を学んで岡山藩に召抱えられ、
全国に先駆けた藩校の開校に携わります。
農業政策に従事して土砂災害などの軽減に貢献しますが、
藩内の勢力争いの敗れて岡山藩を去りました。
その後、京都で私塾を開いていましたが、
名声を聞いた3代藩主中川久清から招聘を受け、
竹田の土木作業の指導を行っています。
この碑は蕃山の功績を称えて建立されたもの。


小河一敏翁之碑」。
同じく三之丸跡にある碑。
幕末岡藩の尊攘派藩士小河一敏を顕彰したもの。
小河は真木和泉宮部鼎蔵岩倉具視らと交友し、
尊皇攘夷運動に邁進しますが、
12代藩主中川久昭が佐幕派であった為、
幽閉されるなどの弾圧を受けています。
維新後は太政官に出仕し、
参与大阪府判事堺県知事などを歴任しています。


本丸石垣」。
三之丸からの本丸石垣の眺め。
本丸は三之丸から直接攻撃できる位置にありますが、
まあここまで攻め入られたらすでにアウトでしょうね。


空井戸」。
二ノ丸跡にある井戸跡。
江戸期も空井戸であったようで、
使用されていなかったようですが、
大坂城落城後に逃れてきた豊臣方の財宝が、
隠してあるという噂があり、
10代藩主中川久貴が調査を行っています。

井戸の中に入って調査する者を募集し、
百姓の順次郎という者が選ばれます。
順次郎は藩主や重臣らが見守る中、
丈夫な縄を縛って井戸を降り、
灯火を点けて井戸の中を探索しました。
結局何も見つからず、順次郎も褒美を貰って帰りましたが、
順次郎は数日後に不可解な死を遂げてしまいます。
実は何らかのお宝が発見され、
順次郎は口封じの為に殺されたのではないかともいわれ、
その後、再度調査が行われた際、
横穴があって観音像が安置されているのが見つかったという。


滝廉太郎像」。
二ノ丸のある滝廉太郎の像。
荒城の月」は岡城をイメージして作曲されたとされ、
それにちなんで設置されたもの。


本丸跡」。
三之丸、二之丸と同じくそれほど広くありません。
天守である三層櫓二層櫓
金倉が建てられていたようです。


岡城址」碑。
岡城は実際に篭城戦を経験した城です。
大友家家臣志賀親次は、
わずか千人の兵で岡城に立て篭もり、
島津の大軍3万を撃退しました。
この戦いで岡城と親次の名声は高まり、
島津義弘から楠木正成の再来と評されています。
但し、その時の岡城の本丸はここではありません。


岡城天満社」。
志賀家が岡城主だった頃、
この本丸あたりは城ではなく、
天神山と呼ばれる山で天神祠が祀られていたという。
中川家が岡城の城主となってから、
天神山が削られて本丸となり、
天神山にあった祠を城の守護として祀り、
本丸に社殿を建てています。
以降、代々岡藩によって祀られてきましたが、
廃藩置県後は村社として城下に遷座されました。
その後、岡城跡が国指定史跡になった事や、
当時の宮司の夢にお告げがあった事などにより、
本丸跡に戻されて新たに社殿が建てられたようです。


天守台」。
天守である三層櫓があった場所ですが、
石垣が高く積まれているわけではありません。


東側への通路。
志賀家時代の岡城の本丸があった東側へは、
この本丸脇の道を通らないと行けません。
道はそこまで狭いわけではあrませんが、
足を踏み外したら崖から真っ逆さま・・死にます。


廟所跡」。
本来の岡城の本丸があった場所で、
歴代藩主を祀る廟所がありました。
この廟所は廃藩置県後に城下へと遷座されて、
中川神社となっています。


さらに石垣が伸びて「下原門跡」に続く。
下原門は志賀家時代の大手門で、
中川家時代は搦手門となっています。


城から望む白滝川
手前側の崖沿いには武家屋敷が並んでいたようで、
下側は足軽、上側は重臣という風になっていました。


三之丸の高石垣。
岡城跡といえばこの風景でしょう。
さきほどの西中仕切門跡からの景色ですが、
この風景が「ザ・岡城」って感じですので、
帰る前にもう一度写真に収めておきます。


岡城跡を散策するゆきちゃん
広いので乳児でも安心(?)です。
ほとんどフラットと言っても良いほどで、
2歳のゆきちゃんも結構歩いていました。
もちろん石垣沿いは落ちたら死にますので、
気を使わなければなりませんが、
広いスペースが豊富にあるので、
子供が走り回っても冗談抜きで安心でした。
これが山城にして藩庁たる所以でしょう。

岡藩は播磨三木城主であった中川秀成が、
豊臣秀吉によって岡城に移封となり、
関ヶ原の戦い東軍に付いたために領地を安堵され、
岡藩7万石を立藩したことに始まります。
前城主がキリシタン大名で、
竹田も大布教地であったことから、
隠れキリシタンが多く潜伏していたはずですが、
これといった大きな弾圧事件は起きていません。
(記事はこちら

岡藩はもともと尊皇攘夷派家臣の多い藩でしたが、
幕末の藩主中川久昭は、親徳川の津藩からの養子であり、
小河一敏ら尊攘派藩士を一掃してしまいます。
これによって岡藩は佐幕派となりますが、
岡藩は幕末の動乱を傍観という立場で過ごしました。
戊辰戦争でも僅かな兵しか出兵させておらず、
新政府から叱咤されていますが、
領内での大火風雨による被害で財政が困窮しており、
わずかな兵員しか送れなかったのかもしれません。

さて岡城跡ですが、
さすが「キングオブ山城」といった規模です。
三大山城とか五大山城とかの選には漏れていますが、
そんな城にも勝るとも劣らない城でした。
いや、三大や五大の上だからキングなのかもしれません。
とにかく一度は行くべき城であるのは間違いないでしょう。

【岡藩】
藩庁:岡城
藩主家:中川家
分類:7万石、外様大名

/②

■関連記事■
大分県日出町 龍泉寺(瀧廉太郎墓所)
 名曲「荒城の月」は岡城がモデル。
大分県竹田市 謎の岡藩城下町
 岡城下町には沢山の切支丹の痕跡が・・。
三重県津市 津城跡
 幕末の藩主中川久昭は、津藩からの養子でした 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。