下関市長府 白石正一郎邸浜門

ブリジストン下関工場入り口のある交差点の、
北西側(ブリジストンと反対側)の細道を入り、
少し歩いて左折した細道に、
白石正一郎邸浜門」があります。
長府の観光地とはかなり離れていて、
わざわざこれを見に行く人は、
なかなか居ないんじゃないでしょうか?


白石正一郎邸浜門」。
この門は白石正一郎の小倉屋の海側の門で、
中国電力下関営業所のあたりにあったもの。
現在は個人宅の一部のようで、
表札やポストもありました。


小倉屋裏にあった当時の浜門
中央の門の部分が移築されました。

多くの志士を受け入れた白石の小倉屋ですが、
やはり商売上表側の店舗側から、
志士達を入れては商売の邪魔だったようで、
裏口の浜門から志士達を入れていたという。
※勿論一目を避けるという意味も。

奇兵隊に融資しすぎて破産してしまった白石。
屋敷や資産を売却する過程で、
この門も売られてここに移築されたのでしょう。
小倉屋の遺物を残そうとして残ったのではなく、
移築されたものがたまたま残っていたようです。

この門を長州藩の志士達はおろか、
龍馬も、西郷も、大久保も、中岡も、吉村も、
平野も、真木も、月方も、中山も、幾松も・・。
・・・とにかく幾多の志士が通ったのです。

■関連記事■
下関市竹崎町 白石正一郎旧宅跡/奇兵隊結成の地
 かつてはここにあった門でした。
下関市阿弥陀寺町 真木菊四郎/白石正一郎の奥都城
 白石正一郎が眠る紅石山。
下関市清末 清末藩陣屋跡(再訪)
 小倉屋は清末藩の御用商。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。