下関市清末 清末藩陣屋跡【再訪】

清末に行く事があったので、清末藩陣屋跡に再訪。
市内とはいえ自分の行動範囲とは外れていますし、
これといった遺構があるわけでもない。
なかなか訪問する機会も無いのですが、
気が向いたので、ちょっと行ってみました。

清末藩は、全国で唯一の「孫藩」という立場にある藩です。
長州藩の支藩である長府藩のさらに支藩であったので、
長州藩を親とすれば孫のような立場でした。

全国の他の支藩が分家を作り、
1万石以上を与えた例はありましたが、
幕府に認められた(朱印状に記載された)のは清末藩だけ。
長府藩初代藩主毛利秀元が、3代将軍徳川家光の信任厚く、
また秀元の娘が幕府老中稲葉正則の正室であった事などが、
この「支藩の支藩」という異例を可能としたようです。
もちろん幕藩体制が黎明期であった事も、
大きく関わっている事でしょう。

とにかく唯一の「孫藩」である清末藩は、
長府藩より1万石の分知を受けて立藩しました。
清末藩は長府藩の支藩で、長州藩からは陪々臣になりますが、
長州藩からはしっかりと支藩として厚遇されています。
「孫藩」という呼称は後世に付けられたものですので、
長州藩は普通に家内の諸侯として扱ったのでしょう。


下関市立東部中学校」。
清末陣屋跡は現在、下関市立東部中学校となっています。
校内を隅々探せば何らかの遺構もあるかもしれませんが、
公表されている遺構はないようです。


清末藩邸跡」碑。
東部中学校の正門から西に歩いてすぐの場所にある碑。
長府藩の陣屋には明確な「跡碑」がありませんが、
清末藩には大変立派な跡碑が建てられています。


六角池」。
清末藩が立藩するまで、このあたりには井戸がなく、
大地主の石井家の井戸に水を汲みに来ていたという。
清水が無限に湧くその井戸が、
清末の地名の由来とされています。
井戸は昭和30年頃に埋められてしまいましたが、
その井戸に付けられていた井側(井戸の囲い)が、
移設されて保存されました。


陣屋の池」。
陣屋正面の天然の堀として利用されたもので、
明治以降は灌漑用水池として利用された池。
現在は陣屋をイメージした東屋が建てられ、
歩道の整備、鯉や合鴨の放流などが行われています。


清末内藤家表門」。
数少ない清末武家屋敷の遺構で、
代々家老を務めた内藤家の屋敷の表門であったもの。

清末藩は長府藩初代藩主毛利秀元の三男毛利元知が、
長府藩3代藩主毛利綱元に分知されて立藩しましたが、
長府藩5代藩主毛利元矩が早逝ししまった為、
清末藩2代藩主毛利元平毛利匡広を名乗り、
6代長府藩主となった為に、清末藩は一時断絶。
後に元平の七男毛利政苗が清末藩主を継ぎ再興します。
その後、5代以降は養子が続き、
最後の藩主毛利元純日出藩からの養子でした。

代々養子の藩主が引き連れてきた家臣らが増えた為、
藩内は一枚岩ではなかったようで、
家臣間に軋轢のようなものもあったという。
名君であった元純は、藩論を宗家と共に勤皇にまとめ、
長州藩主の名代として活躍。
幕長戦争では石州口に出陣して幕府軍を撃破し、
浜田藩兵退去後の浜田領を管理運営しています。

清末藩の御用商であった小倉屋の白石正一郎は、
高杉晋作と共に奇兵隊を創設。
その縁か奇兵隊の守護旗である「菅原大神」の旗は、
元純の揮毫によるものでした。

【清末藩】
藩庁:清末陣屋
藩主家:元知流安芸毛利家
分類:1万石、外様大名(長州藩支藩(孫藩))

■関連記事■
下関市清末千房 清末陣屋長屋門
 移築現存している清末陣屋の長屋門。
下関市清末 清末藩

 清末周辺の散策
下関市清末 高林寺(清末藩毛利家墓所)

 清末藩主毛利家の菩提寺。
下関市清末 村上倫と孝女政の碑

 見逃しそうな小さな碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。