下関市竹崎町 白石正一郎旧宅跡・高杉晋作 奇兵隊結成の地

白石正一郎小倉屋は、酒、たばこ、米、お茶の卸や、
質屋、造酒屋なども経営した豪商とされています。

しかし実際は長州本藩の商いではなく、
長州藩の孫藩の清末藩の御用商人で、
豪商というほどでも無かったようです。
最も儲かるとされていた北前船交易には参加できず、
対岸の小倉・門司との交易が主でした。
屋号の小倉屋はそういうところから付けられたのでしょう。

とはいえ、藩外では薩摩藩の御用達もしていたようで、
商売の規模は小さくはなかったのかもしれません。

新しい事業にも積極的に参入したようですが、
おいしい話は本藩の御用商人に横槍を入れられるなど、
色々と力関係で煮え湯を飲んだりしたようです。

商売の傍ら国学に傾倒し、下関に訪れる尊攘志士らは、
必ずといっていいほど小倉屋に厄介になっています。
坂本龍馬西郷隆盛など約400人の志士が滞在しました。

そんな白石が惚れこんだのが高杉晋作
奇兵隊の創設に深く関わり、弟と共に入隊しました。
文久3年7月には士分に取り立てられています。
初期の奇兵隊の財政のほとんどを負担していて、
慶応元年頃には経営悪化で破産寸前の状況だったようです。

晋作もそういう状況を憂いて、藩に救済を嘆願していますが、
元々清末藩御用商で、小倉との交易を主としていた小倉屋は、
小倉戦争の影響から建て直しは不可能でした。

白石は家屋敷を売却するまで追い込まれていましたが、
晋作の葬儀は白石が執り行っています。

その後、白石は小倉屋をたたみますが、
晋作亡き後の藩や明治政府、世話になった志士が、
功績や恩を忘れ、使い捨てにしたとする人がいますが、
僕はそうは思いません。

白石は自らの意思で商いを辞め、
赤間神宮の宮司になったのだと思います。
理由としては、維新後にもう一度、
その生業であった小倉との交易を、
復活させる気力が無かったのではないか?

東京である程度のポストも用意されていたはずですが、
それを断ったのは、
自分の役割が終わった事を悟ったのではないか?
また、新政府のやり方に不満を覚えたのか?

国学、尊皇を志とする白石にとって、
安徳天皇を奉る赤間神宮の宮司になることは、
本望だったのではないか?

理由は色々考えられますが、
僕が思うに商売への情熱がなくなり、
今更不慣れな土地で新しい仕事をするよりは、
地元で奇兵隊とも縁があり、
天皇を奉っている赤間神宮の宮司になって、
余生を静かに過ごそうと思ったのだと思います。

そんな白石正一郎の小倉屋が合った場所は、
現在中国電力の下関営業所となっています。


敷地内に「白石正一郎旧宅跡」碑が設けられていますが、
その建立は昭和に入ってからです。

昭和37年、地元の有志が中国電力に、
白石正一郎の碑を建てるように嘆願。
この頃、白石の名は殆ど知られておらず、
当時の中国電力の対応は、
「白石正一郎なんて名前は聞いたことがない。
無名の人物の碑を表に設置できない
」と、
裏陰にひっそりと建立されました。
昭和47年には「奇兵隊結成の地」碑も立てられますが、
裏陰のまま。

その後、白石正一郎の名が全国的に知られるようになり、
昭和62年に、この二つの石碑が表側に移され、
現在の形となりました。

この碑に面した国道191号線あたりが、
当時の海岸線で小倉屋の浜門がありました。
下の写真が当時の小倉屋の浜門です。

海側から白石邸(小倉屋)に入る門で、
幾多の志士達がこの門をくぐっています。

■関連記事■
下関市竹崎町 大歳神社
 竹崎にある神社。白石正一郎の奉納した大鳥居がある。
下関市阿弥陀寺町 真木菊四郎・白石正一郎の奥都城
 白石正一郎の墓所のひとつ。
白石正一郎の銅像を建てたらどうだろうか?
 考えたら白石正一郎の銅像が無いんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。