下関市竹崎町 大歳神社

小さいころから気にはなってはいたのですが、
遠くからでも見えるあの階段を登るのをためらって、
一度も寄り付かなかったのですが、
行ってみました大歳神社。

ここは、文久三年に、戦勝祈願の為、
奇兵隊旗揚げの軍旗を奉納した神社。
また、白石正一郎が攘夷成就を祈請して、
大鳥居を奉納した神社でもあります。

裏に白石正一郎の名前が刻まれていますね。
さて、意を徹して登ってみますとすぐに本殿です。
まあ、下からも見えてますから当たり前ですが・・。

本殿を右に進むと、「七卿顕彰画碑」というのがあります。
この画碑は三条実美卿を始め、七卿が政変を避け、
京都の妙法寺を出て、蓑笠姿にて長州へ下向する様子を、
画碑に写刻したものです。

正二位中納言 三条西季知卿(さんじょうにしすえともきょう) 五十二歳
従三位中納言 三条実美卿(さんじょうさねとみきょう) 二十七歳
正四位下近近衛少将 東久世道禧朝臣(ひがしくぜみちとみ) 三十二歳
従四位上修理権太夫 壬生基修朝臣(みぶもとなが) 二十九歳
従四位下侍従 四條隆謡朝臣(しじょうたかうた) 三十六歳
従四位下右馬頭 錦小路頼徳朝臣(にしきこうじよりのり) 
従五位下主水正 沢宣嘉(さわのぶよし) 

大正四年、白石正一郎の氏神である大歳神社に関門史談会が建立し、
後世に七卿の偉業を顕彰せんとしたものだそうです。

その他にも白石正一郎をた称えた「明治維新萌漸之史跡」もありますが、
残念ながら無学の私には何とかかれているかさっぱり読めません。

いつの日かなんて書いてるか検証したいものです。

※※あれから一度も訪問しておりません(笑)。そろそろ再訪してみようかな? 2019/08/03

■関連記事■
白石正一郎の銅像を建てたらどうだろうか?
 考えたら白石正一郎の銅像が無いんですよね。
下関市竹崎町 白石正一郎旧宅跡・高杉晋作 奇兵隊結成の地
 白石正一郎邸跡。奇兵隊の結成地
下関市阿弥陀寺町 真木菊四郎・白石正一郎の奥都城
 白石正一郎の墓所のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。