白石正一郎の銅像を建てたらどうだろうか?

色々な地方を観光していて思う事ですが、
超メジャーとは言えないながらも、
知ってる人は知ってるという人物を、
その出身地はやはり誇りを持って銅像を建てたり、
遺品などを集めた記念館を建てたりしていますよね。
下関にも東行記念館があって、
高杉晋作の遺品を展示していたりします。

とはいえ、いくら晋作が下関ゆかりの人物であったって、
下関で没したといったって、出身の人物なわけです。

じゃあ、下関出身の幕末の人物は?って言ったら、
白石正一郎の名が挙がってきます。
彼は明治政府にも出仕していませんし、
華々しい活躍の場があったわけでもありません。
・・が、白石が交友した志士らは蒼々たるメンバーで、
西国の志士で白石の小倉屋に訪れた事が無い者はいない程。
なぜ市は?なぜ地元有志は?
白石の銅像を建てようとか思わなかったのでしょう?

現在の白石正一郎旧邸跡も、
建立には紆余曲折あったそうですし・・。

維新150年の節目ですので、
今年建てるのが良かったのでしょうが、
これからでも遅くはありません。誰か声を挙げるべきです。
・・・って、お前が声を挙げろよって感じでしょうが、
僕もしがないサラリーマンでして金もヒマも無く、
趣味でブログ書いてるだけの人間なんでね。
しかるべき有志が出てきてくれることを祈るだけです。

せっかくなんで、どうせなら市がやってほしい。
竹崎町の空いてる土地を買い取って白石公園を造り、
銅像及び顕彰碑を建てます。
できれば記念館も建てて頂ければなおさら良い。
そうして観光客が行ける場所を増やし、
晋作終焉の地や、厳島神社療養地
桜山神社へ至る動線を作って、
閑散とした駅西側に活気を与える起爆剤にするのです。
訪れた志士らの銅像を沢山並べるのも面白い。

・・話はずれましたが、
純粋な下関出身の偉人白石の銅像を建てるべきだと思います。
そんなに大きくなくてもいい。坐像胸像でもいい。
下関に白石正一郎の銅像を建ててください!

■関連記事■
下関市阿弥陀寺町 赤間神宮
 白石正一郎は赤間神宮2代目宮司。
下関市竹崎町 白石正一郎旧宅跡・高杉晋作 奇兵隊結成の地
 白石正一郎の小倉屋跡。奇兵隊の結成地でもあります。
下関市長府 白石正一郎邸浜門
 幾多の志士が通った小倉屋の浜門が移築されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。