栃木県さくら市 喜連川陣屋跡

室町幕府の将軍家の一族である足利基氏の系譜は、
代々鎌倉公方を世襲して関東を支配しましたが、
4代鎌倉公方足利持氏永享の乱を起こし、
6代将軍足利義教によって滅ぼされました。
その際に持氏の一族の多くが殺されましたが、
赤子であった足利成氏は許されています。

成氏は後に鎌倉公方に就任しますが、
関東管領上杉家と争って鎌倉から古河へ本拠を移し、
古河公方を名乗ります。
その後、3代足利高基と弟の足利義明が対立し、
義明は小弓公方を称して勢力を伸ばしますが、
4代足利晴氏後北条家と手を結んでこれを破り、
国府台合戦で義明が討ち取られて、
小弓公方家は安房へ落ち延びました。

その後、後北条家が勢力を伸ばし、
晴氏の息子足利義氏が継嗣無く死去した為、
古河公方は義氏の娘氏姫が継いでいます。

豊臣秀吉による小田原征伐で後北条家が滅ぶと、
秀吉は名家の断絶を惜しみ、
小弓公方家の足利国朝と氏姫を婚姻させます。
※国朝の姉嶋姫は秀吉の側室となっており、
 秀吉より喜連川3500石を与えられていましたが、
 これを国朝に譲っています。

国朝が死去すると氏姫はその弟足利頼氏と再婚。
頼氏は関ヶ原の戦いの後に所領を安堵され、
喜連川姓を名乗っています。
※氏姫は頼氏との子喜連河義親を生んで、
 名家の血筋を残しました。


大手門」。
喜連川陣屋跡は現在、喜連川庁舎の敷地となっており、
その入口には模擬の大手門が建てられています。
陣屋に似つかわしくない立派過ぎる櫓門で、
もちろん当時の喜連川陣屋の大手門が、
このような立派な櫓門だったわけではありません。


陣屋跡は庁舎及びその駐車場となっています。


お丸山公園」。
陣屋跡の背後の丘陵には喜連川城跡があり、
お丸山公園として整備されています。
喜連川は古くから喜連川塩谷家の所領で、
その支配は約400年にも及びましたが、
17代塩谷惟久が豊臣秀吉によって改易され、
古河公方足利家に与えられました。


何かあるかと登ってみましたが、
遊歩道があるだけで遺構や碑などはありません。
公園内にはが植えられているようですので、
季節には花見が楽しめるようです。


喜連川神社」。
丘陵南側の麓にある神社。
喜連川の総鎮守で塩谷家、足利家に崇敬されました。
藩政時代は天王宮と呼ばれていたようです。

喜連川神社を南参道から出る。

御用堀」。
幕末期の藩主喜連川煕氏により開削された用水路。
煕氏は領民思いの名君とされ、
財政再建新田の開墾藩校設立など、
領民の暮らしの改善や教育に熱心に取り組み、
特にこの御用堀は生活用水の確保に役立ったという。

喜連川藩は表高は無く実高も5000石。
1万石という大名としての概念に当てはまらず、
正確には藩としての規定を満たしてはいません。
しかし10万石相当の国主並の家格を有し、
しかも参勤交代軍役などの諸役負担が免除され、
幕府との明確な主従関係が存在しませんでした。
これは喜連川家が室町幕府将軍家の支族である為、
後裔の将軍家である徳川家が筋目を重んじた事によります。
もちろんそのような勝手が許されながら、
喜連川藩は自主的に参勤を行っており、
一応の主従関係は結ばれてはいたようです。

上記の御用堀などを開削した9代藩主煕氏は、
家老二階堂貞明と共に藩政改革を進めますが、
煕氏は文久元年に死去。
代わって宇土藩から喜連川宜氏が迎えられますが、
宜氏は翌年に病死してしまい、
水戸藩より喜連川縄氏が迎えられました。
※縄氏は徳川斉昭の十一男で徳川慶喜の弟。
戊辰戦争が勃発すると新政府軍に兵糧を献上しますが、
煕氏の死後に失脚していた二階堂貞明は、
新政府軍に縄氏が会津藩に内通していると讒言。
これに激怒した縄氏は二階堂貞明と子の貞則を処刑し、
白河や会津に20名の藩兵を派遣するに至ります。

その後、縄氏は喜連川姓から足利姓に改称。
後に政府から諸侯である事を認められて華族となり、
明治17年に当主足利於菟丸子爵に叙されています。

【喜連川藩】
藩庁:喜連川陣屋
藩主家:喜連川家
分類:5000石、外様大名(国持格大名)

■関連記事■
熊本県宇土市 宇土陣屋跡
 10代藩主喜連川宜氏は宇土藩の出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。