愛媛県西条市 近藤篤山関連史跡

小松藩の参政であった竹鼻正脩は、
7代藩主一柳頼親に藩校設立を進言し、
これが認められて藩校養正館が設立されます。

竹鼻は川之江の儒者近藤篤山を教授に迎え、
藩校を幕府の学問所昌平黌に倣って整備。
藩士子弟のみならず庶民にも門戸を開き、
藩内外に人材を輩出しました。


養正館址」碑。
養正館は小松陣屋の御竹門の外に位置し、
敷地は約450坪であったという。
内部には講堂教官詰所講義所素読所文庫
練武場が設置され、教師として儒官が1名、学頭1名、
助教3名、助教補欠1名、助読3名が置かれました。
御目見以上の10歳の藩士子弟が入学を義務付けられ、
素読の過程を終了しなければ退学できなかったようです。
学科は漢学習字に分かれており、
漢学は素読講義輪講会読自習となっており、
武芸は、弓術馬術槍術剣術柔術
拳法砲術水練兵学
剣術は無外流真蔭流、槍術は一指流大島流
馬術は大坪流、拳法は真揚流浅山流
砲術は亀島流、兵学は甲州流で行われました。


近藤篤山旧邸」。
篤山は養正館教授を務める傍ら、
自宅にて挹蒼亭緑竹舎という2つの私塾を開きました。
挹蒼亭は藩内有志を対象とした塾で、
門下には一柳亀峰菅橘洲遠藤石山らがいます。
緑竹舎は他藩の入門者を対象とした塾で、
門下には西条藩士日野和煦、松山藩士宮原瑤月
宇和島藩士上甲振洋らがいました。


篤山先生墳墓」標柱。
旧街道沿いにこの碑を見つけたので、
家族を車で待たせて歩いて行ってみます。
こういう標柱があっても遠いことが多いのですが、
ここもご多分に漏れず結構遠く、
結局は県立小松高等学校の近くでした。
炎天下を歩いて汗がダラダラ・・。


黒川中将墓處入口」。
通学路の途中にありましたが、
地元の出世頭だろうとスルーしかけましたが、
スマホで調べてみると幕末期の人物でした。
これは参拝せねば・・。


陸軍中将従一位勲一等男爵黒川通軌墓」。
道なき道を進むと辿り着いたのは黒川家墓所
結局は高校の脇に出るので、
高校の敷地内から行く方が楽だったでしょう。
黒川通軌は近藤篤山の長男近藤南海に学び、
後記する田岡俊三郎らと尊攘運動を展開。
生野の変に敗れた澤宣嘉の潜伏も助けています。
維新後に陸軍の入隊し、明治6年に陸軍大佐に昇進。
陸軍裁判長軍馬局長に任命され、
佐賀の乱神風連の乱の鎮圧に従軍し、
西南戦争では熊本鎮台第三旅団長として活躍。
翌年には陸軍少将及び広島鎮台第五師団司令官となり、
明治18年に中将に昇進、第三及び第四師団長歴任後、
明治26年に東宮武官東宮大夫を拝命。
皇太子(後の大正天皇)の養育に当たりました。
明治36年に死去。


贈正五位田岡俊三郎之碑(表忠碑)」。
小松高校正門前にある田岡俊三郎の碑。
田岡は小松藩士田岡表蔵の子として生まれ、
藩校養正館で近藤南海に儒学を学び、
槍術師範佐伯孫太夫より一旨流を習得しました。
嘉永3年より槍術修行で各地を遊歴し、
帰国後は槍術の指導にあたっています。
文久2年、情勢探索のため京都へ派遣され、
藤本鉄石松本奎堂ら他藩士と親交し、
尊王攘夷運動を運動を展開しました。
その後、脱藩して七卿と共に長州へ下り、
澤宣嘉に従って生野の変に参加。
澤を護って美作備前讃岐に潜伏し、
伊予に戻って澤を匿っています。
その後、澤を徴収に送り届けるとそのまま滞在し、
長州藩京都進発に同行して禁門の変に参加し、
戦死しています。


近藤家墓所」。
小松高校通学路脇にある近藤家の墓所。


篤山近藤先生墓(左)」、
篤山近藤先生配合田氏墓(右)」。
篤山の墓と篤山の妻合田氏の墓。
篤山は養正館で人格完成のための三本柱として、
立志、慎独、求己の「三戒」が重要であると説き、
また、婦女子への教訓として「四如の喩」を説いて、
藩士のみでなく、庶民に対しても、
さらに藩外へも大きな影響を及ぼした。
松代藩佐久間象山は篤山宛ての手紙の中で、
篤山を「徳行天下第一」の人物と讃えており、
世人からも「伊予聖人」と呼ばれて尊敬を受けたという。


篤山近藤先生墓表」。
家屋に囲われた篤山の顕彰碑。
ガラスが反射して何と書いているかわかりません。

近藤家の墓には篤山の他にも、
長男近藤南海、次男近藤簣山など、
近藤家一族の墓もありましたが、
写真を撮るのを忘れてしまいました。

■関連記事■
愛媛県西条市 小松陣屋跡
 近藤篤山を招いた小松藩の陣屋跡。
大分県日出町 松屋寺(帆足萬里墓所)
 豊後三賢のひとり儒学者帆足萬里の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。