大分県日出町 松屋寺(帆足萬里墓所)

帆足萬里は、日出藩家老帆足通文の三男として生まれ、
小浦村(現日出町豊岡)の儒学者脇蘭室に学び、
儒学に留まらず経済物理天文など、
あらゆる分野の学問を研究。特に自然科学においては、
当時の西欧の学者にも匹敵していたとされます。

その学識を買われて、家老となり財政改革を進め、
現任の家老を廃して有能な人材を配置し、
不正や無駄を取り除く政策を取り、
一定の成果をあげたようです。

家老退任後は、私塾西崦精舎を開き、
子弟の教育に尽くしました。
健康を気遣い、養生に尽くして長生きし、
75歳まで生きています。

帆足萬里の墓所は、松屋寺墓地にあるのですが、
墓地はかなり広くて寺から遠い場所にあり、
案内板も別方向からの行き方を指示されます。


国道10号線より松屋寺入口交差点から、
細道を入ると松屋寺なのですが、
そのまま大きい道を進むと、
帆足萬里の墓」の看板があります。

坂を登ると正面に墓所が見えてきます。

文簡帆足先生墓」。
「文簡」は贈名。
柵がしてあるのは、彼の学識にあやかろうと、
墓石を削って持ち帰る人が後を絶たなかったから。


たしかに削られていますね・・・・。

さて、帆足萬里の墓の前あたりに、
こんな案内板がありました。

こて絵」って、壁にコテで盛るレリーフ的な絵?。
ちょっと興味があったので行ってみました。


↑こて絵。


青柳鯉市正之墓」。
ちょっと探して墓石を見つけました。
青柳鯉市は左官の五男として生まれ、
同じく藩普請方左官職青柳家の養子となります。
成長して江戸に出て修行し、
「こて絵」を始めた入江長八の仕事を目にし、
その後、帰郷して普請方左官職として腕を磨き、
日出で「こて絵」を広めました。
日出町内には、37点のこて絵が現存しています。

話を帆足萬里に戻します。
彼の逸話として面白いものがあったのでご紹介します。
「帆足の弟子であまり優秀で無く、物覚えも悪い若者がいた。
ある日、その若者が素晴らしい刃物捌きを見せた事があったが、
帆足は「君は外科医になるべきだな」と何の気なしに言った。

次の日、弟子は「先外科医になろうと思います」と告げ、
帆足に外科医の指導を請う。
当時、帆足には医学の知識はなく困ったが、
自分が「なるべきだ」と言った以上、
専門ではないと断るのは無責任だと感じ、
その日から医学書を読み漁り、
やがてある程度の医学知識を取得。
帆足は若者に医学の基礎的な考えについて教え、
師として仰ぐべき人物も教えて送り出した。
その後、その若者は立派な外科医になったという・・・」。


帆足の広い学識の所以は、
まさにそういう心掛けからなのかもしれません。

■関連記事■
大分県日出町 日出城跡
 日出藩木下家の居城跡。
大分県日田市 廣瀬淡窓墓所
 帆足と同じく豊後三賢のひとり廣瀬淡窓の墓。
大分県日出町 龍泉寺(瀧廉太郎墓所)
 日出出身の作曲家瀧廉太郎の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。