大分県日田市 廣瀬淡窓墓所

廣瀬淡窓の墓所は、
日田市中城町にある長生園にあります。


長生園」。
生家の博多屋と咸宜園の中間のこの場所を、
淡窓は生前より自らの墓所として定めていました。
長生園とは、淡窓の弟広瀬三右衛門の別邸の名前で、
別邸を引き払って墓所と定められた後も、
同様に長生園と呼ばれています。


廣瀬家墓所」。
淡窓の他、咸宜園2代塾主旭荘や3代青邨
4代林外などの墓が、
それぞれの夫人らと共に並んでいます。


文玄廣瀬先生之墓」。
中央の墓石が廣瀬淡窓の墓。
文玄は弟子達によって贈られたです。
安政3年に咸宜園の秋風庵で死去した淡窓は、
生前の遺言どおりこの地に葬られました。


文靖廣瀬先生之墓」。
正面に大きな木が生えてしまっているのは廣瀬林外の墓。
林外は4代目の咸宜園塾主で、2代旭荘の子だった人物。
文久3年から明治4年にかけての激動の時代に、
塾主として咸宜園を経営しました。


文敏廣瀬先生之墓
林外の墓の隣は、2代塾主広瀬旭荘の墓です。
旭荘は淡窓の末弟で、
勤皇家で攘夷志士達とも交友があったらしい。


文通廣瀬先生之墓(左)」「文圓廣瀬先生之墓(右)」。
廣瀬青邨の墓と廣瀬濠田の墓。
青邨は咸宜園の門弟でしたが、淡窓の養子となり、
旭荘より塾主を譲られて3代目となっています。

濠田は青邨の子で、東京で政府に出仕していましたが、
青邨の死後に日田に帰り、教英中学校校長に就任。
明治18年より咸宜園を主宰し、
8代目の塾主となっています。


文玄先生之碑」。
淡窓が生前自ら作った文を、
没後旭荘が謹書して碑石に刻ませたもの。
我が志を知らんと欲すれば、我が遺書を視よ
と末尾に記されています。
柵がしてあるのはなんででしょうね?

■関連記事■
大分県日田市 咸宜園跡
 廣瀬淡窓が開いた日本最大の私塾。
大分県日田市 廣瀬淡窓関連史跡
 日田城下町の淡窓関連史跡。
大分県日出町 松屋寺(帆足萬里墓所)
 豊後三賢人のひとり帆足萬里は日出藩出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。