山形県新庄市 瑞雲院(新庄藩戸沢家墓所)

新庄藩戸沢家の歴代墓所は瑞雲院にあります。


瑞雲院」。
瑞雲院は室町時代中期の創建の禅宗のお寺で、
戸沢家が新庄に入封してより菩提寺となり、
寺領150石を与えられて隆盛したようです。
現在の本堂は江戸時代中期のものという。


新庄藩主戸沢家墓所」。
境内には戸沢家の御霊屋が6棟あり、
藩主の他に正室、側室や子も葬られています。


一号棟」。
初代藩主戸沢正盛の御霊屋。
正盛は前当主戸沢盛安の長男ながら、
母が百姓の子であった為に嫡嗣となれず、
山伏の子として育てられましたが、
相次ぐ当主の死によって家督を継ぎ、
遂には新庄藩初代藩主となっています。
中には他に2基の墓があるという。


二号棟」。
3代藩主戸沢正庸及び5代戸沢正諶の御霊屋。
3代正庸は2代藩主戸沢正誠の養嗣子となり、
正誠の隠居によって3代藩主となりますが、
実権は正誠によって握られていました。
正誠の死後にやっと実権を握った正庸は、
財政難を克服する為の政策を行っていますが、
効果はみられなかったようです。

5代正諶は正庸の四男で、
兄の戸沢正勝が4代藩主となると、
7000石を分与されて分家を立てましたが、
正勝に継嗣なく病気を患った為、
養嫡子となって正勝の死後に藩主となりました。


三号棟」。
4代藩主戸沢正勝の御霊屋。
正勝の他に7基の墓が一緒に入っており、
他の藩主の側室や子が集められたのかな?


四号棟」。
6代藩主戸沢正産及び10代藩主戸沢正令の御霊屋。
6代正産は正諶の長男。父の死後に跡を継ぎ、
僅か5歳で6代藩主となっています。
藩政は家老北条六右衛門によって運営され、
倹約政策や藩校が設立されました。

10代正令は9代戸沢正胤の次男で、
父の隠居により家督を継いでいます。
吉高勘解由を抜擢して藩政改革を進めますが、
志半ばで死去しました。


五号棟」。
修理保全工事中の7代藩主戸沢正良の御霊屋。
7代正良は5代正諶の次男で、
兄の6代正産の養嫡子となって家督を継ぎますが、
この頃の新庄藩の財政は悪化の一途であり、
家臣の蔵米支給も滞っていたという。


六号棟」。
8代藩主戸沢正親及び9代戸沢正胤、
そして最後の藩主戸沢正実の御霊屋。
8代正親は3代正庸の七男戸沢正備の子で、
7代正良の養嫡子となって跡を継ぎ、
10年の治世で倹約に努めました。

9代正胤は8代正親の長男に生まれ、
正親の死後に家督を継いでいます。
産業振興、領民救済の善政を行い、
10代正令に家督を譲って隠居しましたが、
正令の早逝で幼い11代正実が藩主となると、
後見となって藩政改革を進めました。

11代正実は10代正令の長男でしたが、
正令の早逝で幼くして藩主となり、
藩政は祖父正胤や吉高勘解由が担い、
成人してからも勘解由を頼っています。
戊辰戦争では2度も寝返っており、
庄内藩によって新庄城を落とされ、
正実は秋田へ逃走しました。

訪問時は残念ながら五号棟が工事中でしたが、
こういう保全工事によって末永く保たれる事は、
次世代の為にも大事な事だと思います。

■関連記事■
山形県新庄市 新庄城跡
 新庄藩戸沢家の居城跡。
秋田県由利本荘市 永泉寺(本荘藩六郷家墓所)
 本荘藩六郷家の歴代墓所。
秋田県由利本荘市 龍門寺(亀田藩岩城家墓所)
 亀田藩岩城家の歴代墓所。
秋田県秋田市 天徳寺(久保田藩佐竹家墓所)
 久保田藩佐竹家の歴代墓所。