山形県新庄市 桂嶽寺(新庄藩戸沢家墓所)

瑞雲院戸沢家の歴代墓所がありましたが、
2代戸沢正誠の墓のみは桂嶽寺にあるようで、
幕末には関係ありませんが、
せっかくなので訪問してみました。


桂嶽寺」。
元々は万年寺という太田にあった寺でしたが、
幼くして亡くなった息子戸沢政武を弔う為、
万年寺を新庄城から見える西山に移し、
政武の法名桂嶽寺殿にちなんで、
寺名を桂嶽寺に改称させたとのこと。


墓所は本堂の裏手にありますが、
苔むした参道は緑の絨毯のようです。


桂嶽寺殿天質慈香大禪定門神位」。
正誠の息子戸沢政武の墓。
僅か9歳で死去した我が子の菩提を弔う為、
桂嶽寺は現在地に移転したわけですが、
それだけなら他の大名もやっています。
ですが正誠がどれだけこの子を愛していたかは、
幼い政武の書いた絵を生涯持ち続け、
死後は棺に入れさせたことからも想像できます。


御霊屋」。
2代藩主戸沢正誠の御霊屋
正誠の60余年の治世は歴代で最も長く、
税制改革領内検地銅山開発新田開発
寺社の建立城下町整備家臣登用など、
様々な改革を安定的に行っています。

江戸時代以前の歴史上の人物からは、
それほど幼児に対する愛は感じられません。
もちろん幼児の死亡率も高いのですが、
頼もしく成長した息子の死を嘆いた方が多い。
幼くして亡くなった我が子を生涯思い続け、
自らの墓所も近く建てさせていますが、
子を持つ親としてその気持ちはわかる。
正誠は男色家美童好きだったともされますが、
それはそれとして死後の行動を鑑みると、
斜め目線で見るのは無理があると思われます。

■関連記事■
山形県新庄市 新庄城跡
 新庄藩戸沢家の居城跡。
山形県新庄市 瑞雲院(新庄藩戸沢家墓所)
 新庄藩戸沢家の歴代墓所。