アマビヱ

今年はCOVID-19の大流行に終始した年でした。
そんな中、疫病退散にご利益があるというアマビエという妖怪が、
SNSを中心としてブームとなり、厚生労働省まで使用している。
はて?子供の頃に読んだ妖怪辞典に、
そんな妖怪いたかなぁ???
もしかするといたのかもしれませんが記憶に無い。
とにかくメジャーではないですよね。
そんなアマビエを妖怪掛け軸の専門店がSNSで発信し、
瞬く間にメジャー妖怪となったようです。

んで調べてみるとこの妖怪は、
弘化3年に肥後国の海に現れたのが初出だという。
弘化が幕末かどうかは議論の分かれるところですが、
この年は孝明天皇が即位した年であり、
徳川家茂和宮内親王が生まれた年でもありますし、
無理やり幕末にこじつけてアマビエを取り上げてみます。

弘化三年四月中旬の記載のある瓦版。

 肥後国海中え毎夜光物出ル所之役人行
 見るニづの如く者現ス私ハ海中ニ住アマビヱト申
 者也当年より六ヶ年之間諸国豊作也併
 病流行早々私シ写シ人々二見せ候得と
 申て海中へ入けり右ハ写シ役人より江戸え
 申来ル写也

※肥後国の海中に毎夜光る物が現れるというので、
 役人が行ってみると図のよう者が現れ、
 「私は海中に住むアマビエと申す者なり。
  今年より六年の間諸国は豊作となるだろうが、
  疫病が流行るので早く私の姿を絵に描いて人々に見せよ」
 と申して海中に消えた。
 右の絵は江戸に届いた役人の描いた絵の写しである。


これがアマビエの初出であり唯一の出典だという。
もちろん熊本藩の文書や地域の伝承にも存在しない。
つまりこの瓦板はデマの可能性が高いようですが、
一説によると「尼彦」という妖怪の事ではないかともされ、
尼彦の目撃例は肥後国に多く伝承されているという。
調べると尼彦は海から現れて豊作と疫病を予言する妖怪とのこと。
なんだぁ。そのものズバリですね。
アマビエは尼彦の誤記ですねぇ。

さて、このアマビエ(尼彦)の予言が当たったのか?
諸国が豊作だったのかはよくわかりませんが、
疱瘡は何年か流行っていたようで、
高杉晋作も3年後の嘉永元年に疱瘡を患いました。
晋作はアマビエの絵を見なかったから疱瘡を患ったのか?
それとも本当は尼彦なのにアマビエを誤記してしまった為、
疫病退散のご利益が効かなかったのかな?
とにかく疱瘡の流行は何年か続いたようです。
厚生労働省もアマビエじゃなく尼彦に変えた方がいいかもねぇ。

■関連記事■
田中河内介と怪談
 薩摩藩に斬られた志士の亡霊。
民話「あかずの扉」
 長府に伝わる民話。
中山忠光の幽霊
 中山忠光は幽霊となって恨みを晴らしたという。