東京都大田区 池上本門寺(西条藩紀州松平家墓所)

池上本門寺にある西条藩紀州松平家の墓所。

西条藩紀州松平家墓所」。
西条藩は紀州藩徳川家の支藩。
伊予に陣屋を持っていましたが定府大名でしたので、
江戸に定住して藩主は領地には入りませんでした。
従って歴代墓所は江戸のみ。

ここにあるのは6代以降の藩主の墓で、
それ以前の藩主の墓は山梨県日蓮宗総本山久遠寺
また2、5代藩主は宗家の紀州藩徳川家を継いでおり、
紀州徳川家の歴代墓所である長保寺に墓があります。


徳本院殿頼英義道日慈大居士」。
10代松平頼英の墓。
文久2年に家督を継いだ最後の藩主。
親藩ながら国許では藩論が勤皇に統一されており、
江戸在府中の頼英にお国入りを促していましたが、
頼英は江戸から動きませんでした。
しかし鳥羽伏見の戦い新政府軍の勝利に決すると、
頼英は直ちに上京して恭順の意を示し、
二条城々北猪熊口柵内の警衛を命じられています。
その後の上野戦争終結で情勢の安定が見られた為、
初めて西条にお国入りしました。
廃藩置県後は東京に移住し、明治38年に死去。

他に6代松平頼謙壽徳院殿慈元盋林日忠大居士」、
7代松平頼看廣徳院殿一道壽林日盋大居士」、
8代松平頼啓秀徳院殿慈善法潤日實大居士」、
9代松平頼學智徳院殿滋行謙光日義大居士」の墓があります。

■関連記事■
愛媛県西条市 西条陣屋跡
 西条藩紀州松平家の陣屋跡。
和歌山県海南市 長保寺(紀州徳川家墓所)①//
 宗家の紀州徳川家の歴代墓所。