愛媛県西条市 西条陣屋跡

西条藩一柳宗家が6万3000石で入封した藩。
初代一柳直盛は国入り前に病没してしまい、
この遺領を直盛の3人の息子が分割し、
長男一柳直重が3万石で西条藩を継ぎ、
次男直家が2万8000石で川之江を、
三男直頼が1万石で小松を相続しました。
※直家の系譜は後に小野に本拠を移して小野藩に、
 直頼の系譜は小松藩として続きます。

しかし直重の子直興は、職務怠慢や失策の為に改易。
直興は加賀藩に預けられてそこで死去し、
西条は5年間幕府領となった後、
紀州藩初代徳川頼宣の三男松平頼純に与えられ、
西条藩は紀州藩の御連枝として再び立藩しました。


西条陣屋跡(愛媛県立西条高等学校)」。
現在の西条陣屋県立西条高等学校の敷地となり、
水堀がそのまま残されています。


大手門(西条高等学校正門)」。
陣屋の大手門は高校の正門として利用されており、
藩政時代と同じ位置に現存しています。


西条藩邸址」。
正門の脇の土手(土塀?)に設置された跡碑。


北御門」。
正門より南に進んだ場所にある北御門
文字通り陣屋の北側の門に建てられていたもの。
廃藩後、裁判所新居郡役所武徳殿と移築され、
その後、西条高校に譲渡されて保存されたようです。


西条市は水の郷とされるように、
各地に「うちぬき」と呼ばれる自噴井があり、
石鎚連峰からの豊富な伏流水が、
この水堀に注ぎこまれるようです。

陣屋跡を出て東側に約500mにある妙昌寺へ。

西条陣屋移築玄関」。
西条陣屋の玄関が妙昌寺に移築されています。
西条藩は藩主の国入りの無い定府の藩ですが、
流石に御連枝の陣屋といったところか、
この玄関から察するに立派な建物だった様子。

西条藩は藩制全般を通じて紀州藩との繋がりが強く、
2代藩主が紀州藩6代藩主徳川宗直に、
5代藩主が紀州藩9代藩主徳川治貞になっています。
11代藩主徳川斉順が継嗣無く死去した際も、
隠居した紀州藩10代藩主徳川治宝が、
9代松平頼学を12代藩主に推しています。
※この時は紀州藩附家老水野忠央の妨害により、
 御三卿清水家より徳川斉彊を迎えました。


西条藩は大勢として宗藩にならって佐幕でしたが、
国元には千種善右衛門三浦五助(後に紀州藩に転籍)、
妻木唯右衛門ら尊皇攘夷を唱える藩士もおり、
定府大名である藩主の帰国、領国の海防強化、
京都警備出兵を要求する建白書を藩主に提出しています。
10代藩主松平頼英は将軍徳川家茂に従って上洛、
この際に三浦らの強い要求を入れて西条に初めて入り、
領内の海岸を巡視、垣生海岸で砲術訓練を実施しました。
※これは特別の帰国で定府をやめたわけではありません。

第二次長州征伐では、紀州藩主徳川茂承が総督となり、
西条藩も宗家の助力として広島に出兵していますが、
鳥羽伏見の戦い新政府軍の勝利で終わると、
いち早く恭順の意を示し、京都守衛の兵を出した他、
藩主頼英も慶応4年4月に参内。
また、江戸詰藩兵が吹上御門警衛水道橋関門警衛を行い、
明治2年2月まで勤めています。

【西条藩】
藩庁:西条陣屋
藩主家:紀州松平家(紀州徳川家御連枝)
分類:3万石、親藩大名(定府)

■関連記事■
和歌山県和歌山市 和歌山城
 宗家である紀州徳川家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。