下関市長府 正円寺~長府藩洋式砲術家 河崎董の墓所

長府の商店街沿いにある正円寺は、
樹齢1000年銀杏樹が本堂前にそびえるお寺。
ここに長府藩の洋式砲術家河崎董の墓所があります。


正円寺正門」。
正円寺はもともと現在の位置ではなく、
北に1km行った山中にありましたが、
長府藩の政策で山陽道沿いに移されました。
本堂は明和3年(1766年)に建立されたもの。


長府正円寺の大イチョウ」。
正門を入るとすぐに目に飛び込むのが、
樹齢1000年の銀杏の古樹。

本堂の左側に墓石が並んでおり、
お目当ての河崎董の墓があります。

贈正五位河崎董之墓」。
正面に垣根があって前からの写真は撮れません。

河崎董は幼名を虎吉といい、
長府藩士羽仁源右衛門の長男として生まれました。

性質豪放で酒を好み、酔って人を傷つけることもあった。
やがて周囲に嫌われて廃嫡となってしまいますが、
それで反省したのか、成長すると態度を改めて、
同藩士河崎順之助の養子に収まりました。

家督を相続し、江戸藩邸詰となって在勤。
長府藩が武蔵国大森守備を命ぜられると、
河崎も守備兵の一人として赴きます。
そこで長州藩の来原良蔵と知り合い、
洋式兵術などを教えられ大いに感銘。
自藩の兵制改革の必要性を確信します。

江戸で幕臣下曾根金四郎らに蘭式砲術を学び、
幕府の講武場にも入所して西洋流銃陣を習得。
安政元年に江戸藩邸で洋式大砲を鋳造する際には、
河崎がその一切を取り仕切ったとされています。
この時の大砲が、攘夷戦小倉戦争北越戦争で活躍し、
自勝砲」と名付けられて後に桜山招魂社に奉納されました。
※現在の桜山神社には無いそうです。
 たぶん大戦の金属供出によって失われたのでしょう。
大砲鋳造と同時に洋式銃陣の訓練も行われ、
これも河崎が指導することになりました。

以後、長府藩の西洋流砲術指南役として、
長府藩の兵制改革、銃・砲術師範、諸砲台の建造など、
長府藩の軍政改革のすべてに関与。
その功績は宗家である長州藩主毛利敬親にも聞こえ、
その功績を称えられて刀一振を与えられました。

大村益次郎とも互いに往来して海防を論じ、
奇兵隊の幹部らには砲術、三兵の講義を行いました。

また、地雷術も心得ており、
小倉戦争の際には砲台の不足を補うために、
数千の地雷を埋めて備えます。
その後の戊辰戦争でも、銃器、弾薬の製造、
その運搬計画などを企図しました。

この多才な技術者は、明治元年頃に体調を崩し、
新政府に出仕することなく隠居。
明治4年に死去しました。

■関連記事■
下関市長府 長府藩侍屋敷長屋
 長府藩御馬廻役西家の表門に付属していた長屋。
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩の藩庁跡は豊浦高校となっています。
下関市長府 功山寺~有川恒槌の墓所
 禁門の変で久坂、寺島らと共に討死した長府藩士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。