下関市長府 功山寺(有川恒槌墓所)

精兵隊の発起人の中心人物であった有川恒槌の墓が、
功山寺にあります。

有川紀綱神霊塚」。
有川家墓所の隅に古い墓石と共に並べられていました。

有川恒槌は別名有川紀綱ともいい、
長府藩士有川乃右衛門の長男として生まれました。
一を聞けば二を知るといわれ、秀才として周囲に知られ、
14歳で藩校敬業館に進んで文武を修め、
特に槍術が得意で自得流の達人とも呼ばれました。
体格にも恵まれた偉丈夫でしたが、
人に接しても猛々しいところはなく、
文武兼備の士として周囲に評価されています。
勤皇の志厚く同志と語りあってもその論は明白で、
決して時流に流されたものではなかったという。

文久2年に藩主上京の際に追従の選に漏れた為、
悩んだ末に脱藩して京都に上り、
天下の形勢を探って藩に報告する事にします。
京都で藩主に拝謁して脱藩の罪を謝し、
藩主も有川の情報を功と認めて罪を問いませんでした。

その後、朝廷の衛士として加茂行幸等に参加。
帰郷すると下関攘夷戦が起こりましたが、
長府藩では一部の攘夷志士を除いて士風が振るわず、
有川はそれを嘆き、野々村勘九郎らと共に「精兵隊」を結成。

その後、八月十八日の政変で京都の情勢が乱れ、
長州藩は京都から追い出されます。
久坂玄瑞入江九一らが状況打開に向けて奔走しますが、
どれも功を奏さず形勢は悪くなる一方。

この状況に有川は二度目の脱藩を決行して京都に上り、
久坂らと合流して暗躍しています。
※精兵隊は中心人物を失ってその機能を失い解散。

やがて池田屋事件を経て禁門の変
有川は久坂らと行動を共にして鷹司邸に入りますが、
進退窮まり久坂、寺島忠三郎らに死所を与え、
自らは敵に向かって突進して戦死しました。

■関連記事■
下関市長府 功山寺(福田扇馬墓所
 集堂場教頭福田扇馬の墓。
山口市 朝日山招魂社
 久坂、入江、寺島らの墓碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。