下関市長府 功山寺(福田扇馬墓所)

長府藩藩校敬業館は15歳以上の藩士子弟しか学べず、
これを嘆いて身分年齢を不問の私塾を作った福田扇馬
彼の墓も功山寺にあります。


福田正則之墓」。
正則は別名。
福田扇馬は藩医の子として生まれ、
幼少の頃より才智に優れ、敬業館に学びました。

不幸なことに、幼い時に足を病んでしまい、
他人の力を借りれなければ歩けない体となり、
自宅に「桜柳亭」という私塾を開いて、
子弟の育英に勤めました。

敬業館で学んでいる頃より、いくら優秀な子供でも、
士分以上でないと学ぶことが出来ないことを憂い、
誰でも学べる私塾を開き、文武両道を目指して、
大楠公をその範としました。
可否両説に分けられる議題を子弟に与え、
可と思う者、否と思う者をわけて討論させて、
最後にその可否をそれぞれに説明して、
答えを導き出すというユニークな教育でした。

この方針に賛同した友人の熊野直介らは、
一般子弟教育の重要性を藩主に建白。
藩はこの建白を取り入れて、
身分を問わず学びたい者に門戸を開きます。
集堂場」はこうしてうまれました。

福田は集堂場の場長となって育英事業に尽しますが、
海軍の必要性を感じて海軍の創設を建白。
これが藩に受け入れられす、
集堂場を辞して赤間関の外人応接所に入り、
英語を学んで各地を遊学し、大坂の開成学校に入学します。
その後、大阪府に出仕しますが、体調を崩して帰郷。
養生後に、もう一度大阪に出て中学教師となり、
模範幼稚園監事を務めた後に再び体調を崩して帰郷。
私塾を短期間開きますが、明治25年に死去。

桜柳亭、集堂場等で多くの英才を育てた教育者でしたが、
それを知る人はあまりいません。
わずかに忌宮神社の境内の片隅に、
桜柳亭の事を記した碑があるのみです。


家塾桜柳亭之碑」。

■関連記事■
下関市長府 忌宮神社・集童場場長室
 忌宮神社の境内に集堂場の場長室が保存されています。
下関市長府 旧桂弥一邸
 桂弥一は集堂場の出身。
下関市南部町 専念寺(福原和勝墓所)
 福原和勝も集堂場の出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。