奈良県高市郡 高取城跡

高取城は国内最大級の山城で、
日本三大山城の一つとされていますが、
※他の2つは備中松山城岩村城
城郭全域の総面積約6万㎡という規模は、
他を上回る巨大なものでした。


登城はほぼ登山といった感じ。
崩れた石垣と雨による浸食で、
登城口はけものみちと変わりない。
家臣団の屋敷跡のような感じの場所もあり、
往時は坂の両側に建物があったのでしょう。


数ヶ所の城門が行く手を遮り、
攻め手を苦しめます。
石垣は上へ登るにつれて状態が良くなりますが、
ただ登るだけでもしんどい。


大手門跡」。
御城門とも呼ばれた城の玄関口跡。
ここまでたどり着くだけで、
へとへとになりましたが、
意外と沢山の人とすれ違います。
登山客(登城客?)でしょう。


二ノ丸跡」。
二ノ丸御殿が建てられていた二ノ丸跡
藩主の正式な居館だったようですが、
登城が不便であった為に、
藩主は下屋敷に居住していました。
それでも維持はされていたようで、
廃城後は御殿玄関が高取国民学校に移築され、
学校の玄関となっていましたが、
残念ながら昭和19年に焼失しています。


新櫓跡」。
二ノ丸のさらに奥には新櫓の石垣が。
二ノ丸を攻略してもまだ先があるわけです。


本丸石垣」と「天守大杉芙容姫」。
新櫓を越えると本丸石垣が現れます。
手前の大杉樹齢700年とされており、
南北朝時代に最初の城が築かれたころから、
根を張っていたと考えられています。
芙容姫の名は高取町の命名。


高取城址」碑。
大杉の裏手に跡碑がありました。


本丸御門跡」。
いよいよ本丸跡へ。
ここまで来るまでに何度死んだ事だろうと、
一人で考えながら本丸跡へ入ります。


本丸跡」。
思っていたより広い本丸跡。
ここには本丸御殿があったようですが、
江戸期に存在したかは不明。


天守台」。
3重3階の大天守、同規模の小天守
3基の二重櫓、これらを多聞櫓が繋ぐ、
連立式天守であったという。
江戸時代を通じて残されていましたが、
廃城後は維持管理がなされずに、
自然崩壊してしまったという。

高取城を降りて城下へ。

植村家長屋門」。
城代家老の役宅の屋敷門だったもので、
現在は旧藩主の植村家の門となっています。
高取城は上記の様に非常に険しい山城で、
藩庁としては不便であった為に、
下屋敷を建設して藩主の居館としました。
はじめ下屋敷は城と城下の中間に建てられ、
その後に城下に移転したようです。
この長屋門の南側が下屋敷跡のようですが、
現在は住宅地となっています。

高取藩植村家が統治した約200年間、
高取城は大きな焼失や災害に遭うことなく、
旧状が保たれていたという。
当時は石垣の組み直すにしても、
幕府の許可が必要でしたが、
高取城は3代将軍徳川家光より、
一々言上に及ばず」と許しを得ており、
容易に改修ができたとされています。
それゆえに自然崩壊させたのは残念ですね。

五條代官所を襲撃した天誅組は、
近隣諸藩に使者を派遣して恭順を迫り、
高取藩は使者の那須信吾に恭順を約束し、
兵糧を提供することになります。
しかし八月十八日の政変が発生し、
大和行幸が延期された為に状況が変わり、
天誅組に追討令が出された為に、
高取藩は態度を変えて兵糧の提供を拒否し、
これに怒った天誅組は高取藩へ攻撃を開始。
高取藩は伏兵を配してこれを奇襲し、
烏合の衆の天誅組は大混乱に陥り潰走し、
五條まで退却しました。
別働隊の吉村虎太郎はこの結果に憤慨し、
決死隊を編成して夜襲を試みますが、
高取藩の斥候に発見されて交戦して撤退。
吉村はこの戦いで重傷を負い、
歩行が困難となっています。

仮に高取城を天誅組が奪ったとしたら?
ありえないとは思いますが、
高取藩が天誅組に負けて城下を追われ、
天誅組が空となった山城の高取城に籠ったら?
どうなっていたのでしょうね。

高取藩
藩庁:高取城
藩主家:植村家
分類:2万5000石、譜代大名

■関連記事■
奈良県高市郡 宗泉寺(高取藩植村家墓所)
 高取藩植村家の歴代墓所。
奈良県五條市 五條代官所跡
 天誅組が襲った幕府代官所。