福岡県大牟田市 大石進墓所

早馬神社の近くに大石進の墓所があります。


大牟田市宮部近辺(早馬神社の場所)
細道なので車で行くには注意が必要ですが、
墓所には駐車場があります。


宮部村周辺のお墓が全て集められ、
共同納骨堂に納められたようで、
その際に大石進の墓も改葬されました。


共同納骨堂」。
共同納骨は議会で建議されたもので、
土地の有効利用の為に墓所や墓石は破壊され、
その際に大石進の墓も壊される計画でしたが、
幸いにも史跡という事が考慮され、
保存される事となっています。


大石武楽種次墓(左)」、
寛量院殿武雄達道居士(右)」。
納骨堂向かって左前側にある大石進の墓。
左側の墓が大石進種次の墓で、
天保の三剣士のひとりはこの人物。
柳河藩藩士大石種行の長男として生まれ、
剣術師範であった祖父や父に習い、
武者修行で腕を磨きました。
父の隠居後に柳河藩の剣術師範を拝命し、
各地から門人が集まってくるようになります。
その後、藩命で江戸勤務となりますが、
出府中に名門道場に次々訪れて、
名のある剣豪を打ち破ったという。
同じく三剣士と称される男谷精一郎や、
北辰一刀流千葉周作とも戦っており、
後に再出府した際にはその噂が轟き、
江戸中の道場主が戦慄し恐慌したとされ、
多くの剣術家が入門に詰めかけました。
柳河藩の剣術師範の他にも、
三池藩の剣術師範も兼ねており、
宮部村の本部道場は隆盛を極めています。
文久3年、死去。

右側は2代目大石進種昌の墓で、
父の才能を色濃く受け継いだとされ、
容貌や技、態度まで父に酷似していたという。
千葉周作の後継者千葉栄次郎も破っており、
彼も江戸で目覚ましい戦績を残している為、
種次と種昌を大石進という一人の人物と、
誤解される事も多かったという。
明治11年、死去。

納骨堂の右側には今村家の墓所があります。

今村五郎衛門長利先生の墓(左)」、
今村廣門先生之碑(右)」。
今村長利は柳川藩の普請役だった人物で、
江戸中前期に新田開拓の多くを手掛け、
有明海干拓に成功して多くの良田を得ました。

今村廣門は長利の子孫で、
大石進に師事して大石新陰流を極め、
免許皆伝を受けています。
維新後は周辺各村の戸長を務めた他、
地域の武道振興に尽力しており、
自らも剣道大会で優勝するなどしました。
明治33年、死去。

大石神影流は現在も続く数少ない流派のひとつ。
今も大石家によって受け継がれており、
現在は7代目となっているようです。

■関連記事■
福岡県大牟田市 早馬神社
 大石新陰流道場の稽古に使われた神社。
・ 福岡県柳川市 柳川城跡
 大石進は柳川藩の剣槍術師範を務めています。
福岡県大牟田市 三池陣屋跡
 大石進は三池藩の剣槍術師範も務めています。