福岡県大牟田市 早馬神社

幕末三剣士(天保三剣士)の一人である大石進は、
柳河藩藩士大石太郎兵衛の長男として生まれ、
新陰流剣術大島流槍術剣槍術を父に学びます。
大石家は祖父の代より柳河藩剣槍術師範役及び、
同族の三池藩立花家の剣槍術師範役を務め、
それ故に交際費で苦しい生活を強いられ、
進は田畑を耕して家計を補っていたという。

吊るした鞠を竹刀で突いて突き技を磨き、
左片手突きを編み出し大石神影流を開設し、
江戸へ出て名だたる剣士を打ち負かし、
江戸中の一流剣術家に恐怖を与えました。

その大石神影流に関連する史跡が早馬神社です。

大牟田市宮部近辺(早馬神社の場所)


県道93号線添いの「大石神影流遺跡」碑。
周辺には今回訪問する早馬神社の他、
大石進の墓所や石碑等が点在。

石碑のある交差点から西に進み、
小路に入ると早馬神社の鳥居が現れます。

早馬神社」。
祭神は端山積神
諸国から門弟、修行者が大石道場に訪れた為、
道場では手狭となってしまった為に、
早馬神社で稽古や試合をしたらしい。
この神社の隣が生家跡や道場跡なのですが、
現在は民家で碑などはありません。


大石神影流遺跡を説明する石碑。
当早馬神社は宮部の産土神
 東隣に大石先生道場 生家跡
 道を隔てて北方に 高弟今村氏の住居があり
 この境内でも屡々稽古や試合が行なわれた
 記念すべき大石神影流遺跡である
」との事。


拝殿」。
当時の拝殿や神殿は火災で失われており、
大正や昭和に再建されたもの。


境内はそれ程広くはありません。
実際に手狭であったようで、
近くの諏訪宮を別道場としており、
そこでも稽古を行ったようです。

大石進は男谷精一郎島田虎之助と共に、
幕末(天保)の三剣士と称され、
北辰一刀流千葉周作、天真一刀流白井亨
直心影流男谷精一郎、神道無念流田島岩尾
直心影流島田虎之助など名だたる剣豪と対戦し、
その左片手突きは天下無双の技と称えられ、
諸国からの入門者が押し寄せたそうです。

大石神影流は現在も続く数少ない流派のひとつ。
是非とも後世まで残して欲しいものですね。

しかしこの神社は境内の規模に比べ、
狛犬は非常に大きい。
なんでも九州最大級の狛犬のようです。

■関連記事■
福岡県柳川市 柳川城跡
 大石進は柳川藩の剣槍術師範を務めています。
福岡県大牟田市 三池陣屋跡
 大石進は三池藩の剣槍術師範も務めています。
福岡県大牟田市 大石進墓所
 大石進の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。