福岡県柳川市 柳川城跡

柳河藩立花家の初代藩主立花宗茂は、
大友宗麟の配下の忠義の武人高橋紹運の長男で、
同じく宗麟配下の立花道雪の養嗣子となった人物。
この両雄を父と養父に持つサラブレッドの宗茂は、
大友宗麟が豊臣秀吉に下った際に、
豊臣家の直参家臣となっています。

これは秀吉が宗麟に宗茂を譲るように命じたとも、
宗麟が家中の逸材である宗茂を譲って、
自分の忠義を示したともされますが、
とにかくそれほどの人物であったという事でしょう。

九州随一武士の中の武士西国無双などと称され、
最強武将としても評価か高く、九州征伐小田原征伐
朝鮮出兵などに参戦し、目覚しい武勲を挙げています。

秀吉の死後、徳川家康から東軍へ誘われますが、
豊臣家への恩義を重んじて拒絶。
西軍に属して大津城を攻め落としましたが、
関ヶ原の戦い本戦には参加できず、
西軍の敗北の報を受けて大坂城へ引き上げました。

宗茂は大坂城で徹底抗戦を主張しますが、
総大将の毛利輝元は恭順を決め、
仕方なく宗茂は領地の柳川へ戻ります。
国許は黒田孝高加藤清正鍋島直茂に包囲され、
篭城の構えをみせますが、孝高や清正の説得により降伏。
改易されて各地を転々とした後に家康に召しだされ、
徳川秀忠御伽衆となり、棚倉1万石を与えられました。

大坂夏の陣では秀忠の軍師参謀を勤め、
数々の戦況予測を的中させ、その後の千姫事件でも活躍し、
幕府から旧領の柳川10万9200石を与えられています。
改易された西軍大名が10万石以上に復帰したのは、
宗茂と丹羽長重の二人だけで、
また、旧領に復帰した例は、宗茂の一件のみでした。

とはいえ、御伽衆であった宗茂は、国許へは殆ど帰らず、
江戸で秀忠や次代徳川家光に近侍していたとされますが、
島原の乱が起こるとその討伐に参戦し、
豊富な知識と経験を生かしての戦況予測は、
参戦した諸将に賞賛されましたが、その4年後に死去。
まさに武勇の生涯を送った武将でした。

柳河藩はその後、江戸時代を通じて立花家が治めています。


柳川といえば「川下り」でしょう。
柳川城のお堀をどんこ舟と呼ばれる小舟で巡るのですが、
ウチの嫁さんに「川下り」に行こう!と誘うと、
とても怪訝な顔。
ウチの子らはまだ無理でしょう?」との事。
急流をカヌーで下るようなモノを想像したようです。
たしかに「川下り」となっていますが、
川を下るわけではありません。

とにかく「川下り」が川下りではない事を納得させ、
家族で乗ることになりました。


「川下り」には1時間コースと30分コースがあり、
悩んだ挙句に30分コースを選びました。
もし「おしっこー」とか言い出したら大変だし、
みよちゃんは怖がりなので、
お気に召さなかったら困るので・・。

とにかく乗船して堀を優雅に進みます。

風情のある水路。
はじめは案の定、みよちゃんは怖がっていましたが、
この頃になると馴れてきたのか、
楽しんで色々喋ってました。
もちろんゆきちゃんは元気いっぱいです。


藩主専用の船着場。
船頭さん曰く、藩主のみが使用できたという船着場で、
奥にある藩主別邸から舟に乗る際に利用したようです。


御花」跡。
5代藩主立花貞俶の時代に建てられた藩主の別邸で、
二ノ丸の奥屋敷が手狭となった為に建てられた別邸。
「御花」や「御花畠」と呼ばれていたようで、
現在は料亭旅館「柳川藩主立花邸 御花」として運営され、
その庭園松濤園は国の名勝に指定されています。

歴代藩主の居住はあくまで本丸御殿でしたので、
本丸と「御花」とを行き来していたようですが、
最後の藩主立花鑑寛は「御花」に居住したようです。


舟がギリギリくぐれるような状態で木が立ち塞がりますが、
普通にこれを通ります。これにはウチの子二人も大興奮。


ナマコ壁が美しい「殿の倉」。
先ほどの藩主別邸の土蔵で、
現在は「立花家史料館「殿の倉」」として、
立花家伝来の美術品などを展示しています。


船頭さんとゆきちゃん。
この頃には舟内を走り回っていました。
落ちないかヒヤヒヤですね。
後ろの赤い石碑は、北原白秋の歌碑「水影の碑」。
我ついに還り来にけり倉下や
    揺るる水照穏に焼けつつ
柳川出身の白秋が帰郷した際に、
この土蔵の白壁を見て詠んだ歌という。


橋の下を通る。
コレは高い方で、もっと低い橋もありました。
30分コースでもたくさんの橋の下を通ります。
思ったより喜んでくれて嬉しかったですね。
1時間コースにすれば良かった。


終わっちゃった~」と残念そうな二人。
連れてきた甲斐がありました。 

さて、「川下り」を終えて柳川城跡へ。

柳川城址」。
柳川城の本丸跡は現在、
柳川市立柳城中学校の敷地となっています。
隣の私立柳川高等学校の校舎あたりが二ノ丸跡
へそくり山」と呼ばれる石垣で囲まれた丘があり、
その位置あたりに天守が建てられていました。


へそくり山(通称)」。
柳川城は明治5年の火災で本丸、二ノ丸を消失。
明治8年に城跡と堀が競売にかけられて私有地となり、
堀には蓮が植えられ、二ノ丸跡は畑に、
本丸跡は牧場となりました。
その後、行政が買い戻し、柳川城跡の活用が議論され、
昭和3年の御大典事業で柳城公園として整備され、
この時に造成されたものが「へそくり山」です。
ネット等では天守台となっていますが実際は天守台ではなく、
旧柳城公園の遺構ということになりますが、
位置的には天守台があったとされる位置でした。
※名の由来は藩主のへそくりが埋められているという噂から。


お地蔵様」。
中心にそびえる木の根元にはお地蔵様が・・。
花が添えられ綺麗に整えられていますので、
手入れされてる人がいるようですが、
このお地蔵様の由緒はわかりません。
後日市に問い合わせましたが、
いつの間にか置かれていたとの事。


柳川城址」碑。
柳川城の城域は一応、本丸跡と二ノ丸跡だけのようで、
柳川城らしい面影を残すのはここしか残っていませんが、
ある意味では堀(水路)をめぐらせた町全体が、
柳川城ともいえます。


「へそくり山」の周りには石垣が残っていますが、
これらは公園の造成時に組まれたもの。

柳河藩には、天保三剣士の1人大石進がいました。
大石神影流創始者で、左片手突きは天下無双と呼ばれ、
男谷精一郎島田虎之助と並び称されています。

最後の藩主立花鑑寛は、改革派の家老立花壱岐を登用。
安政の改革を行いました。
壱岐は横井小楠橋本左内らとも親交があり、
吉田松陰も壱岐の高名を知っていたようです。
非常に開明的な人物だったとされ、
藩主の鑑寛は藩政の全権を壱岐に一任。
能力による役人の登用と、不要な役人の整理。
租税の緩和、殖産興業の奨励などの先進的改革を進め、
大きく財政は好転しています。
しかし、文久元年に病気を患って辞職。
隠居して療養に専念しました。

明治に入ると壱岐は復帰し、再度全権を一任されると、
兵制改革を行って精鋭で編成された部隊を戊辰戦争に送り、
柳河藩兵は盤城平の戦いなどで活躍しています。

柳川城は明治5年に炎上して消失。
これは士族の反乱を防止する為の放火ともされ、
その結果、以後に各地で起こった士族反乱でも、
柳川では動揺は生じなかったとされています。

【柳河藩】
藩庁:柳川城
藩主家:立花宗家
分類:10万9000石、外様大名(準国持)

■関連記事■
松陰の九州遊学⑧
 吉田松陰は九州遊学の際、柳川に滞在しています。
福岡県大牟田市 早馬神社
 天保三剣士大石進の道場跡。
福岡県大牟田市 三池陣屋跡
 大石進は三池藩の剣槍術師範も務めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。