松陰の九州遊学⑧

続き。
///////⑧/

※柳川城下に着いた松陰ですが、
発熱とあかぎれで寝込んでしまいます。

12月15日。寝込んで何もすることなく日を過ごす。
12月16日。昨日と同様。
12月17日。少し良くなる。
13日以来日記を書いていなかったので、日記を出して書く。
12月18日。石橋卯八郎を訪問。
※石橋卯八郎がどのような人物かは不明。
12月19日。町野可名生が来訪。石橋邸を訪問。
※町野可名生は柳河藩士で儒者。三善庸礼と称した。


九州遊学の道筋9

①12月20日。
柳川を出発。
足が痛いので籠を使う。
小俣を通過して筑後川を渡り寺井に至る。

②12月21日。
佐賀に入り、武富文之助千住大之助を訪ねるが留守。
武富の門下生吉田良一郎と話す。
武富が帰って来るが、顔見せ程度であった。
文武修行者宿に泊まる。
※武富文之助は藩校弘道館教授。
 千住大之助は弘道館指南役で、後に藩主側近。

③12月22日。
千住大之助、中山平四郎を訪ねる。
弘道館の居寮生は、240人ばかりだという。
非常に盛大である。
※中山平四郎は弘道館教授。後の佐賀郡長。

12月23日。
足痛が酷いので、医者の永松玄洋の治療を受ける。
夕方、長楽庵にて詩会があり、佐賀藩の優れた藩士達と語る。
※永松玄洋は、明治初期の薬整備に貢献した永松東海の養父。
 長楽庵は、現在の長楽寺。


12月24日。
弘道館を見学。枝吉、武富の他、三人の書生が案内。
④午後に佐賀を出発し、
柳川に入って森恵三郎を訪問。
新町の宿に泊り堀江と会う。
※枝吉は、枝吉平左衛門(神陽)の事です。
 森恵三郎と堀江はどのような人物か不明。

続く。

///////⑧/

■関連記事■
松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。