吉田松陰の九州遊学⑦

続き。
//////⑦//


九州遊学の道筋8

①12月9日。

②島原の港の少し北にある舟津より出航。
海上を七里進んで、
③肥後の尾島(小島)に着く。
高橋町を経て清正公の廟を参拝し、ヨコテ八幡を参拝。
山崎町にて池部啓太を訪問するが留守であった。
町に泊り風呂に入るが、衣服を置く所が奇妙な機工をしていた。
※清正公の廟とは、本妙寺浄池廟でしょう。
 ヨコテ八幡とは、現在の横手阿蘇神社の事。
 「
横手の五郎」という怪力を持つ若者がいましたが、
 熊本城をいつか乗っ取ると振れまわっていました。
 若者は清正と一騎打ちをして敗れた武将の子供で、
 これを聞いた清正は良く思わず、その若者を殺します。
 人々はこれを憐れみ、祠を建てて祀りました。

 池部啓太は、熊本藩の洋式兵学家です。
 風呂の奇妙な機工というのも気になりますね。


12月10日。
池部邸を訪問して、終日過ごす。
夜、荘村右兵衛がやって来て談話。
荘村は、萩に行って学びたいという。
※熊本藩士荘村右兵衛がどういう人物かわかりません。
 同藩士に後の日本聖公最初の
受洗者荘村助右衛門がおり、
 この右兵衛と助右衛門は、同一人物か最低でも親族でしょう。


12月11日。
池部彌一郎、荘村を訪問。
宮部鼎蔵を訪ねて、終日過ごす。
※宮部鼎蔵との初対面ですが、
 これといった感想はありませんでした。
 池部彌一郎は、池部啓太の子。


12月12日。
池部邸を訪問。
宮部も来て一緒に荘村邸に行って深夜まで語り合う。
帰りは月明かりで、一人で清正公の廟に参拝する。
弟の敏三郎が、モノを言う事が出来るように祈った。
※松陰の弟敏三郎は聴覚障害者でした。

12月13日。
熊本を出立。池部彌一郎が見送りに来る。
熊本城は驚くほど巨大で人々は九州で一番だというが、
これはほめすぎではなく、そのとおりだと思う。
植木宿、山鹿宿を過ぎ、肥猪で宿をとる。
黄檗宗の義堂という僧と同宿になるが、
萩の東光寺に留学していたらしい。
彼曰く、長州藩で半知の御沙汰があったとの事。
本当であろうか?
この日は熱があって、足にはあかぎれができていた。
※松陰の留守中に、半知の沙汰があったのは事実。
 平戸滞在時に、沙汰が下っています。


12月14日。
熱もあかぎれも酷い状態だが、がんばって進む。
肥後と筑後の国境を越えて、宿で馬を借り、
柳川城下にたどり着いた。
寒気がして酷い状態になってしまう。
※熊本人は松陰の肌にあっているのだろうか?
 議論が非常に益があったとしています。

 後に親友となる宮部鼎蔵にも出会いますが、
 それについては淡々とした記載しかされていません。

続く。

//////⑦//

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。