吉田松陰の九州遊学③

続き。
//③//////


九州遊学の道筋3

①9月5日。
矢上宿を出て長崎へ。
関所を越えて数町行くと木の柱が建てられており、
大字で「これより御代官高木定四郎支配所
と書かれていた。
日見峠を越え長崎に入り、
長州藩長崎藩邸に到着。藩邸の聞役は清水新三郎
※聞役は九州諸藩や長州藩が長崎に置いた役職で、
 蘭船の出入や海外の異聞を報告する役です。


9月6日。
朝から郡司覚之進と共に高島浅五郎を訪ねる。
※郡司覚之進は、石川市之助と共に、
 6月から西洋砲術の修行で長崎に在中。
 高島浅五郎は、高島流砲術の創始者高島秋帆の子。

午後、舟を雇って蘭船や唐船を見学する。
唐寺の崇福寺に寄って、清国人の墓を見学。
長崎には唐寺が5ヶ所あり、崇福寺はそのうちのひとつ。
※唐寺は長崎の華僑達が建てた寺の総称。
崇福寺の裏山に登って、長崎を一望する。
山を下りて晧台寺に至り、坂本天山の墓を参拝。
※坂本天山は荻野流砲術の大家。

9月7日。
中村仲亮阿部魯庵西慶太郎を訪ねるが皆留守。
諏訪神社を参拝して、平戸藩長崎藩邸に赴いて名刺を渡す。
平戸藩の聞役山縣三郎太夫に「中興鑑言」を借りる。
※「中興鑑言」は建武の新政での後醍醐天皇の得失論。
 南朝正統論を主張する書で、

 例のすりかえ論者達の著書によく登場します。

9月8日。
平戸藩の御用商人古川俊蔵を訪ねる。
平戸藩士豊島権平の訪問を受ける。
「中興鑑言」を読破。
※豊島権平は平戸藩の砲術師範。
 平戸への留学の件での訪問でしょう。
この日の朝、従者新介を萩へ帰す。

9月9日。
唐館に行く。
仙人堂土神堂、両船主の房やその他の房を回った。
また出島の蘭館に行き、商館やその他の建物を見てまわる。
その後、砲術家大木藤十郎を訪問。

9月10日。
海防説階」を写す。
武井武四郎、大木藤十郎、中村儀三郎
高島浅五郎、吉村年三郎を訪問。
※5人も訪問していますが、
 留守と記載していないので会ってはいるはず。
 ただ、1日でこれだけまわれは、

 大した話は出来なかったのではないでしょうか?


九州遊学の道筋4

9月11日。
大木藤十郎を訪ねる。
福田耕作と通訳某の斡旋で蘭船に乗り、船を見学。
①午後より平戸へ向かって出発。
永昌宿まで進んで宿泊する。
郡司覚之進が日見坂の麓まで送ってくれた。
※旅の目的は平戸藩で山鹿流軍学を学ぶ事ですが、
 まずは長崎の平戸藩邸で紹介状を書いてもらってから。
 習うべき相手が平戸藩の家老ですので、

 このような段取りが必要なのでしょうね。

続く。

//③//////

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。