吉田松陰の九州遊学②

続き。
/②///////


九州遊学の道筋2

①8月30日。
黒崎宿を出て、木屋瀬小竹飯塚を経て、
内野宿で宿泊。
黒崎より内野まで約11里でしたが、
 終日馬に乗っての移動でした。
 熱については語られていませんが、

 馬を使った事からまだ治ってないのでしょう。

②9月1日。
馬で出発。冷水峠を越えて山家宿に至り、
馬を下りて歩いて進む。
原田宿を過ぎて三国峠
これより田代瓜生野まで対馬藩の飛び地との事。
佐賀領に至ると関所があり、それを越えて轟木宿に入る。
轟木宿でまた馬に乗り、中原宿で宿泊。

③9月2日。
中原宿を出て、神崎宿を越えて佐賀に入る。
佐賀城下を越え、牛津を経て小田宿で宿泊。
※この日は対馬人の佐々木操という歌詠みと同宿。
 松陰はここで筑前人と肥前人を比べており、
 筑前人は口先だけで誠実さに欠けており、
 肥前人は剛直で堅実だと評価しています。
 あんまりな評価ですが、

 筑前で何か嫌な目にあったのでしょうかね?

④9月3日。
小田宿を馬で出発。
昨日より続いていた雨は午後より上がり、
北方宿で馬を下りて徒歩で進む。
柄崎嬉野田原坂を経て彼杵宿で宿泊。
※ここでの田原坂は西南戦争の激戦地ではなく、
 佐賀藩と大村藩の藩境の関所のあった
俵坂の事。

⑤9月4日。
彼杵宿から海に添って進み、千綿に到着。
3基の水車があり、それを見学する。
大曲と呼ばれる松林を抜けて大村へ。
大村城下を見学して、永昌を経て、天領古賀に至る。
古賀を越えて⑥矢上宿で宿泊。
※松陰は水車の見学に、熟観すという言葉を使っています。
 何がそんなに興味を引いたのでしょう?

続く。

/②///////

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。