吉田松陰の九州遊学⑥

続き。
/////⑥///

12月1日。
辰時(午前8時)に①長崎を出発。
茂木に到着して船を雇い、
黄昏時に天草の③富岡に着く。
富岡に停泊して船中で宿泊。

12月2日。
船を降りて江間九右衛門を訪問。
富岡の古城跡を見学(記事はこちら)。
※江間九右衛門が何者かわかりませんが、
 富岡代官所の役人でしょう。
 古城跡とは富岡城の事で、

 天草の乱天草四郎に攻められた城。
 後に富岡藩主となった戸田忠昌が、

 城の管理運営が領民の負担になると、
 三ノ丸だけを陣屋として富岡城は棄城。
 この棄城は良政として称賛されました。

陸行して④二江に到着。
サトウキビを栽培しているようで、
また馬が多く見られた。
二江より口之津へ向かう船を探していると、
住民達が怪しんで集まってきた。
どこの国の者かとか、
往来手形はあるのかとかを聞かれる。
住民に怪しまれています
 一応松陰はれっきとした武士なのですが、
 挙動不審だったのでしょうか?

 天草に渡った理由がわかりませんので、
 怪しかったといえば怪しかったのかも?
 天草は隠れキリシタンも多いらしいので、

 隠密かなにかと思われたのかもしれません。
偶然「ウエ村」へ帰る船があったので便乗し、
黄昏時に⑤「ウエ村」に到着して農家に宿泊。
※「ウエ村」とは有江村(現有家町)か、
大江村(現有馬町乙大江)と思われます。
原城には大江村の方が近いので、

地図上の行程では大江村としました。

12月3日。
宿泊した農家の老父を雇って原の古城を見学。
その後、⑥島原城下へ。
鉄砲町の宮川源之助を訪問(記事はこちら)。
島原の国法で旅人は城中に入れないという。
夜になれば地元民でも入ることはできない。

12月4日。
宮川度右衛門を訪問。
直発砲でなければ功を成さないので、
 近頃はカノン砲を造っている」という。
甲州流真田派兵学者生駒勝助が訪ねてきたので、
将材を学ぶべきか?
弓兵はどのように用いるのか?
という2つの質問をした。
夜にも宮川邸を訪問。
※前日の宮川源之助と宮川度右衛門は、
 同一人物か親子でしょう。
 生駒勝助に質問した答えの記載は無し。


12月5日。
豊島喜左衛門が訪問してきたので、
一緒に護国院三十番神を拝む。
豊嶋は医術も習っているとのこと。
※島原藩には豊島喜左衛門と称した兄弟がおり、
 その2人のどちらかだと思われます。

12月6日。
宮川邸を訪問。
某氏から太閤真顕記六編を借りる。
藩では毎年火薬や銅鉄を囲い置いているという。
口之津千々石のあたりに台場があるが、
島原城下は早崎の瀬戸があるので、
守備を緩めているとの事。
夜、豊島氏の訪問があった。

12月7日。
温泉嶽(雲仙)に登り地元老人に道案内を頼む。
老人の話では前回の噴火は59年前で、
その時はたくさんの人々が亡くなったらしい。
麓に石を築いて囲んでいる場所があり、
話によれば来春に犬追物があるからという。
小地獄に行って温泉に浸かる。
このあたりは多く凍豆腐(高野豆腐)を作る。
今日の往復で十里ほど歩き、
宿に帰る頃には日既に暮れていた。

12月8日。
本日島原を発とうと思っていたが、
雨なので明日に伸ばす。
※島原の前に天草に寄った理由は、
 富岡城を見学するためと思われますが、
 乗る船を間違えただけのような気もします。
 島原藩士の宮川や豊島らは、

 通称が同じ人物がいるため特定が困難。
 原城や雲仙への登頂には、

 地元の老人を案内役にしていますが、
 当時は40歳でも老人ですので、

 山登りも可能だったのでしょう。


九州遊学の行程7

続く。

/////⑥///

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。