熊本県苓北町 富岡城(富岡陣屋)跡①

①/

島原・天草の乱は、江戸時代の最大の内戦で、
島原藩領及び唐津藩飛地の天草領の領民が、
過酷な年貢徴収や、キリシタン迫害を受けて、
両藩に対して起こした一揆反乱でした。

島原と天草の領民達は、
改易された切支丹大名の家臣と結託し、
神格化された天草四郎を総大将に決起します。
島原、天草でほぼ同時期に一揆が勃発し、
幕府はこの事態を重く見て、
九州諸藩に命じて討伐軍を派遣し、
これを知った両一揆勢は、合流して原城跡に籠城。
城跡を修復して討伐軍を迎え撃ちます。

討伐軍は九州諸藩の軍勢12万5千名は原城を包囲し、
兵糧攻め後に総攻撃を行い、天草四郎は討ち取られて、
一揆勢は皆殺しとなり、乱は平定されました。

この乱の責で島原藩主松倉勝家は改易、後に斬首。
唐津藩も天草領を没収。唐津藩主寺沢堅高は自害し、
寺沢家は断絶しています。

一揆には領民の大多数が参加しており、
乱後の天草には領民が殆どおらず、
土地も荒れ果てており、
善政に定評のあった山崎家治に与えられ、
富岡藩が立藩しました。



天草市苓北町周辺(富岡城の場所)
唐津藩は飛地である天草の支配の為、
砂州で島が繋がった富岡半島富岡城を築城。
城代を置いて天草領の政務に当たらせました。
唐津藩初代藩主寺沢広高は、
関ヶ原の戦いにおける戦功報償で、
この天草領を賜っていますが、
天草の石高を4万2000石と算出。
これは実情とかけ離れた数字で、
実際はその半分程度であったようです。

砂州中程にある瑞林寺鈴木重成の供養碑へ。

鈴木重成公供養碑」。
鈴木重成は、天領となった天草の初代代官で、
乱後の荒廃した天草の復興に尽くし、
天草の実情を幕府に訴えて、
抗議の自刃をしたとされる人物。
※諸説あり。
彼については後記させて頂きます。

さて、こちらも砂州にある碑。

山陽先生詩碑」。
ほんとに色々なところに登場する頼山陽の詩碑。
彼は九州を旅した際に、富岡にも訪れており、
天草代官の招きで富岡に開塾していた渋江涒灘を訪ね、
天草の海の美しさに惹かれ「泊天草洋」を詠いました。

 泊天草洋 頼山陽
 雲耶山耶呉耶越 
雲か?山か?呉国か?越国か? 
 水天髣髴青一髪
 水平線に髪の毛程の青い線が見える
 萬里泊舟天草洋
 万里に広がる天草の海に船を止め 
 煙横篷窗日漸没
 煙は船窓に当たり日は沈む
 瞥見大魚波間跳
 大きな魚が波間から跳ねた
 太白船當明似月
 金星が光り月よりも明るかった

砂州を越えて富岡半島の丘陵部へ。
山麓に勝海舟が宿泊した鎮道寺があります。

鎮道寺」。
安政4年、勝海舟ら長崎海軍伝習所練習生は、
咸臨丸の訓練航海で富岡に一泊しました。
勝はその際、本堂の柱に
日本海軍指揮官 勝麟太郎」と刻んでいます。
※もちろん当時は指揮官ではなく只の生徒。
翌年の訓練航海では富岡に3泊しており、
教官カッテンディーケと共に、
富岡の町を散策しました。
勝はこの時も落書きをしており、
現在も本堂の柱にそれが残っているという。
※1度目の落書きは、柱取換の際に切り取られて保存。


大手門跡」。
島原・天草の乱後、富岡に入封した山崎家治が、
富岡城を改修した際に、設置した大手門の跡。
大手門の外に堀切を掘って跳ね橋を架け、
敵の前進を遮断する仕組みになっていました。

大手門跡よりさらに進むと、
頼山陽の宿泊地跡があります。

頼山陽先生宿泊之跡」。
山陽の宿泊した旅館泉屋の跡。
大手門より内側ですが、
この頃は既に富岡城は破棄され、
三ノ丸のみが富岡陣屋となっていましたので、
ここは城下町となっていました。

さらに進んで袋池へ。

袋池」。
山崎家治が富岡城を改修した際に設置された溜池。
内堀の役目の他、籠城では貴重な飲水となります。
本来は入江であった場所で、土手を築いて池を造り、
水路によって水位は一定に保たれる仕組み。

この袋池には伝説があり、木々に囲まれながら、
不思議と木の葉が落ちていないという。
昔、ある米屋に美しい娘がいましたが、
娘の父親は米を仕入れる際には大きな枡を使い、
売るときは小さい枡を使っていました。
娘は卑怯な事はやめて欲しいと頼みましたが、
いくら頼んでも父親は止めないので、
悲しんだ娘は袋池に身を投げます。
娘はとなって袋池の主となり、
朝早く薄暗い頃に娘の姿に戻って、
水面を掃除するという。
以降、袋池には木の葉が浮かなくなったとのこと。
・・確かに木の葉は浮いていませんでしたね。


追手門跡」。
袋池の土手を進んだ先にある追手門跡
こちらは三ノ丸正門でした。
現在は車道となって緩やかなカーブですが、
よく見ると虎口になっています。


鈴木重成公」像。
追手門跡にある初代天草代官鈴木重成の像。
彼は天草では「鈴木さま」と親しまれています。
鈴木神社をはじめ、
鈴木さまを祀るが33ヶ所もあるという。

重成は着任早々天草に移民の誘致を図り、
領内3ヵ所に医院を配置。寺院に薬草本を置き、
病人の世話や薬草の使用法を広め、
村々の立て直しに尽力。
島原の乱の犠牲者の供養碑を建立し、
3百石の予算を計上して、
各地に神社仏閣を建立・復旧しています。
領民が困窮する原因を追究する為に、
改めて天草領の検地を行って、
石高が実情と懸け離れている事を実証。
老中松平信綱石高半減を嘆願しましたが、
前例が無いと認められませんでした。

その後、重成は死去。
代官には重成の養子鈴木重辰が就任。
重辰も意思を引き継いで石高半減を訴え、
重成死後6年後に天草の石高は半減されました。
※重成は再三の石高半減要請を行いましたが、
聞き入れられなかった為に建白書を残して自刃
幕府は石高半減を検討したという説がありますが、
自刃の記録は残っておらず、

病死だったのではないかとされます。


九州大学付属天草臨海実験所(三ノ丸跡・富岡陣屋跡)」。
重辰によって天草領の石高半減が成された後、
天草領は戸田忠昌に与えられて、
再び富岡藩領となっています。
忠昌は維持費の掛るの存在を疑問視し、
山頂の本丸二ノ丸を破棄して三ノ丸のみを残し、
これを藩庁としました。
これによって富岡城は廃城となり、
以後は富岡陣屋となります。
その後、忠昌は「天草は天領たるべき」と訴え、
これが認められて岩槻藩に転封となり、
天草は再び天領となりました。
以後、富岡陣屋は代官所陣屋となり、
天草代官所が置かれ、以後は天領となっています。

島原・天草の乱で荒廃した天草でしたが、
山崎家治、鈴木重成、重辰、戸田忠昌と、
名君・名代官に恵まれ、
見事に復興を果たしました。

三ノ丸跡より裏手にまわり、
富岡城二の丸駐車場へ。
ここから二ノ丸跡、本丸跡に登城します。

アダム荒川の記念広場」。
徳川幕府キリスト教禁教令を出した為、
唐津藩では苓北で布教するガルセス神父を追放。
神父はアダム荒川に協会と信者の世話を託し、
長崎に連行されて行きました。
荒川は、神父の代わりを務めましたが、
藩は新たに領民達の棄教を命じます。
富岡城代川村四郎左衛門は、
荒川が棄教すれば、領民達も信仰を捨てると考え、
荒川に棄教を命じますが、彼はそれを断りました。

藩より殉教者を出さないように厳命されていた為、
拷問によって棄教させようとしますが、
どんな辛い拷問にも首を縦にふらない。
諦めた川村は藩に荒川の棄教は不可能であると報告。
家老の判断によってアダム荒川の処刑が決定し、
富岡城の裏手で処刑されました。

平成19年にローマ教皇により福者に承認され、
平成20年に長崎市で列福式が行われています。

つづく。
①/

■関連記事■
島根県大田市 大森代官所跡
 石見銀山を支配した代官所 。
大分県日田市 日田陣屋跡
 西国筋郡代の代官所陣屋。
奈良県五條市 五條代官所跡
 天誅組に襲撃された幕府の代官所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。