吉田松陰の九州遊学⑤

続き。
////⑤////

※15日より平戸での修行が始まります。
 修業とはいえ、
葉山佐内の蔵書を借りて読むだけ。
 山鹿流の家元
山鹿萬介にも入門しますが、
 萬介は高齢であり教えを乞うことも出来ません。
 とはいえ葉山佐内の所蔵の珍しい書物を、
 数多く読むことが出来た事は、

 松陰にとって相当の実となっています。
 50日あまりの滞在の後、11月6日に平戸を離れました。

(記事はこちら


九州遊学の道筋6

①11月6日。
午後より平戸湾を飛舟で出発。
河内浦を右に見て進む。
夜五つ(午後8時)頃、楠泊に到着。

②11月7日。
夜明けに舟で出発し、寄船を越えて針尾瀬戸を通り、
内海に入って時津に到着。
※ここまで平戸より毎月運行する定期船の旅。
 船首の
度島宇三郎と、宇三郎の姪を含む3人の操る船で、
 客は
天草西法寺の僧と松陰のみ。
 ここまで船中での宿泊でした。

③11月8日。
 朝、船を降りて陸行。浦上を経て長崎へ向かう。
 昼時に長崎長州藩邸に到着し、吉村年三郎に会う。
 郡司覚之進崇福寺にいるというので、
 会いに行くが既に帰っていた。
 高島浅五郎を訪ね、吉村を伴って崇福寺に宿を求めるが、
 断わられたために中村仲亮の家に泊まる。
※この後、約1ヶ月間長崎に滞在。
 この間は友人宅や著名人宅を訪問したり、
 書物を読んだり、長崎の各所を見学したりしています。
 この長期滞在の理由は、

 遊学の延長(島原、熊本への遊学)の許可待ちでしょう。

続く。

////⑤////

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。