長崎県平戸市 松陰関連史跡

吉田松陰は、嘉永3年に平戸に留学しています。
(記事はこちら)。
50日あまり滞在し、平戸藩重臣の葉山左内を頼り、
その蔵書を多数読破しました。


吉田松陰宿泊紙屋跡」。
松陰の平戸での拠点は、紙屋という旅宿。
宿を探しますが見つからず、葉山の紹介でここに宿泊。
滞在中は、葉山の蔵書を借りて読む日々でした。
何故かアンパンマンの石像が・・・・。


平戸の街並み。
古い町並みをよく手入れしていて、
良い雰囲気を醸し出しています。


松浦史料博物館」。
平戸城が再建されるまでの平戸藩の陣屋であった場所で、
廃藩置県後は、元藩主家の邸宅になったという。

松浦史料博物館より北へ300m位の場所に、
砲術家豊嶋権平の道場(的場)の跡があります。

天山流砲術 豊嶋権平道場碑(豊嶋権平的場跡)」。
豊嶋権平は平戸藩砲術師範で、高遠藩より招かれた人物。
道場を開いて、多数の門人を指導しました。
松陰は平戸に向かう途中の長崎で、彼の訪問を受けており、
平戸滞在中は、彼の蔵書も借りて読んでいます。


標的であった石には、弾痕が多数残っていました。

松陰は葉山や豊嶋の蔵書を読んだ以外にも、
本来の理由である山鹿流軍学の家元への入門も、
その際に果たしています。

平戸城天守閣」に展示されている入門嘆願書
吉田家の山鹿流来歴を説明し、
入門に際しての意気込みを記したもの。

4代藩主松浦重信山鹿素行と親交があり、
重信自らも門弟となりました。
その縁で素行の死後、弟山鹿平馬を家老として召し抱え、
また、孫の山鹿高道も平戸藩に仕官しています。

積徳堂跡」。
山鹿流軍学の中心道場だった場所で、
今も当時の状態で残されています。
現在は民家で普通に人が住んでいるようですが、
標札を見る限り「山鹿さん」が住んでらっしゃる様子。

元々は、山鹿素行が浅草田原町に開いた道場で、
孫の山鹿高道が仕官に際しここに移したもの。
当時の当主は山鹿万介で、松陰は入門の許可を得ています。
とはいえ、何か特別な教えを受けたかといえばそうでも無い。
平戸滞在中は、ほとんど葉山左内の蔵書を読んで過ごしました。
重要なのは山鹿流の直系の門下となった事です。

平戸には今回行った松陰関連の他、
外国の商館関係の史跡も多くありますが、
今回は周りませんでした。
また、松陰の平戸留学において最重要の葉山左内邸を、
見つけられなかったので、また近いうちに行くつもりです。

■関連記事■
長崎県平戸市 雄香寺(松浦家墓所)
 平戸藩松浦家の墓所。
長野県伊那市 高遠城跡
 豊嶋権平は平戸藩が高遠藩から招いた砲術家。
長崎県平戸市 元回船問屋明石屋永山邸
 平戸領田助浦は、 風待ち港として発展しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。