長崎県平戸市 元回船問屋明石屋永山邸

平戸田助浦の歴史は、安土桃山時代に領主松浦鎮信が、
小値賀島、壱岐、呼子などの領民を移住させ、
湾を整備して発展したことに始まります。
風待ち、潮待ちの港として発展し、捕鯨なども行われ、
最盛期には遊女屋30軒、遊女120人を数える港となり、
平戸を訪れた人は必ず寄る場所とされました。


赤丸の場所が田助浦(田助港)。

上方へ向かう薩摩船の寄港でもあった田助浦は、
多くの薩摩藩士が訪れています。
西郷吉之助(隆盛)もその一人でした。


旧角屋 主屋」。
炭屋兼船宿を営む多々良孝平の「角屋」の主屋。
多々良孝平は勤皇の志のあった商人で、
薩摩藩や長州藩などの定宿であったようです。
現在オランダ人の所有となり、ここに住んでいるらしい。
宿泊施設にする予定もあるとか。
意外と日本好きな外国人の方か、日本の良さを理解するので、
もしかすると素晴らしいホテルになるかもですね。
この「角屋」が志士達の会合の場所であったそうですが、
それとは別に密談の場として使用された場所があります。


元廻船問屋明石屋永山邸」。
廻船問屋明石屋の家伝では、「角屋」が表の会合場所で、
この「明石屋」が裏の会合場所であり、
緊急時の隠れ家として使用されたと伝えられています。
そして、なんと西郷隆盛高杉晋作桂小五郎坂本龍馬が、
ここの2階で密談をしたとの事。慶応2年の春の事らしいです。

西郷と晋作は、会ったとか会っていないとか諸説ありますが、
個人的には会っている可能性は高いと思っており、
(記事はこちらこちら
もし下関で一度会っているとすれば、
ここでもう一度会っている可能性もありますね。


ここは現在、土日祝にカフェとして営業しており、
美味しいコーヒーと手作りケーキ、
予約すれはお料理も食べれます。
実は訪問したのは平日だったのですが、
訪ねるとわざわざ開けて下さいました。

御主人の案内で邸内を見てまわります。

とらのま」。
二階の広間で、虎の置物が飾られていたので、
とらのま」と呼ばれました。
ここで西郷、晋作、桂、龍馬の密談が行われたそうです。
西郷はこの部屋から見る外の景色が、
下関の「春帆楼」に似ていると言い、
この部屋を「春帆楼」を名付け、
西郷直筆の「春帆楼」と書かれた看板が、
部屋に掲げられたと伝わっています。
※ちなみに春帆楼は、明治期に伊藤博文が名付けたもので、
じゃあウソじゃん!と思うかもしれませんが、
西郷と晋作が会合したとされるのは「
対帆楼(大阪屋)」。
これを店主が聞き間違えたのか、

西郷が「対帆楼」をもじって「春帆楼」と命名したか。
西郷と晋作の二度目の会談の場所として、

一度目と同じく「対帆楼」と名付けたのか、
若しくはこの二度目の会談は春の事ですので、
春の対帆楼=春帆楼」としたということかも?
もしそうなら下関での西郷高杉会談の信憑性も増します。


この四者の密談は、もちろん秘密裡に行われ、
知っていたのは明石屋の主人女将だけ。
使用人は遠ざけられ、女将自らが給仕をしたらしい。
その女将というのが、ここの御主人の曾お婆さんで、
御主人がお婆さんからその事実を聞かされたという事です。


海に面した部屋の襖をあけると、なんと隠し階段があり、
そこから二階の客間に。


階段は極端に狭く、刀を抜いて登るのは困難です。
刺客の襲撃を警戒しての作りですね。


きゃくま」。
隠し階段からもわかるように、
要人用の客間であったと考えられます。
当時は押入れの奥に隣の物置に抜ける隠し扉があったらしい。
また、寝ずの番をするスペースもあったそうで、
完璧な警護体制の整った部屋であったのでしょうね。
晋作や龍馬もここを使ったのでしょうか?

実はこの建物は当時のものではありません。
明治36年に火災で焼失しており、
当時の建物というわけではないのです。
しかし翌年に当時の主人が先祖に申し訳ないということで、
消失前とそっくりそのままに建て直されたとの事。
火災が無ければ、密談の形跡があったかもしれませんね。

ちなみに「明石屋」の向かいが「角屋」だった説もあります。
現在、「明石家」の向かいは郵便局になっており、
「角屋」は明治期に建てられたものらしい。
幕末に明石屋の向かいにあり、明治期に現場所に移転したのか、
主屋以外の建屋が明石屋の前にあったのか。
今となっては推測しかできません。

明石屋永山邸の少し北に濱尾神社があります。

濱尾神社」。
田助地区の産土神として祀られている神社で、
ここに英傑の会合を記念する碑が建てられています。


維新之英傑会合之地」碑。
元々は「明石屋永山邸」の向かいに建てられていたもので、
郵便局を建てる際に移築されたもの。
薩摩の西郷、長州の高杉、桂、肥前の大隈ら維新の英傑が、
この地で会合した事を記念した碑です。

密議だけに記録が無く言い伝えだけの話ですが、
土地柄、状況から十二分にありえます。
薩長同盟も何度も何度も話し合いを重ねなければ、
簡単に締結できるものではないでしょうから、
水面下の知られていない場所で、
密議が行われていても不思議はありませんね。

■関連記事■
晋作と西郷は会っていたのか?
 面識が無かったとする両者。実は会っていたのではないか?
晋作と西郷は会っていたのか?2
 晋作と西郷の会合説の補足。
長崎県平戸市 平戸城跡
 田助浦は平戸藩の領地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。