長野県伊那市 高遠城跡

高遠城の築城時期は正確にはわかっていませんが、
諏訪一門の高遠頼継の居城だったようで、
武田信玄の諏訪攻略を援護したとされています。
しかし頼継は信玄と対立して敗れ、
高遠城は武田家の信濃進出の拠点となり、
山本勘助秋山信友による大規模な改築が行われ、
信友が城主となった後、
信玄の庶子四郎勝頼の諏訪家継承により、
勝頼が高遠城の城主となっています。

信玄の嫡子武田義信が廃嫡されると、
勝頼は代わって継嗣に目されるようになり、
本拠の躑躅ヶ崎館に呼び戻された為、
高遠城主には信玄の実弟武田信廉が就任します。

信玄の死後は信玄の五男仁科盛信が城主となったり、
追放中された武田信虎が最後に身を寄せたもの高遠城で、
武田家にとって最重要の城でした。

織田信長の甲州征伐では、織田信忠が5万の大軍で攻め、
信盛は3000の兵で籠城して徹底抗戦し、
盛信をはじめ小山田昌成大学助兄弟等が、
壮絶な討死を遂げます。
多数の逃亡や寝返りが続いた武田勢の中で、
最後まで戦って武田武士の面目を保った戦いは、
この高遠城の戦いのみでした。

武田家の滅亡後、本能寺の変で信長が倒れると、
武田遺領を巡る天正壬午の乱が発生。
保科正俊京極高知などが城主となったあと、
関ヶ原の戦いを経て、
正俊の孫保科正光が旧領を得て高遠藩が立藩します。
正光は将軍徳川秀忠の隠し子保科正之を嫡子とし、
後に正之は山形藩20万石に加増転封されました。

代わって鳥居忠春が3万2000石で入りますが、
次代鳥居忠則家臣の覗き見事件で改易。
※その後、鳥居家は家祖鳥居元忠の功績に免じ、
 後に1万石で再興。

高遠は天領を経て、内藤清枚が3万3000石で入り、
以後は廃藩置県まで内藤家が8代続いています。


大手門跡」。
高遠城は現在、高遠城址公園として整備され、
桜の名所として有名な場所となっています。
大手門跡は公園へ続く登り坂の途中にあり、
石碑が建てられていました。


春日政徳先生之碑」。
大手門跡にある地元の教育者春日政徳の顕彰碑。
高遠藩士長坂政常に次男として生まれ、
松代藩家老望月主水に仕え、佐久間象山に学んでいます。
高遠に戻ると高遠藩士春日義行の養子となって跡を継ぎ、
維新後は弥勒支校西高遠学校で教鞭を振う傍ら、
私塾で漢学を教えるなど、地元民の教育に尽くしました。


元高遠城楼門」。
明治の廃城後、高遠城の建物は払い下げられましたが、
大手門の櫓門はその後、高遠高等学校に寄贈され、
学校が移転するまで正門として使用されました。
大手門として使用されていた際は櫓門だったそうですが、
払い下げの際に縮小されて、当時の姿ではない様です。


勘助曲輪」。
現在、高遠城址公園の駐車場となっているあたりは、
武田信玄の軍師山本勘助が縄張りしたと伝えられています。
訪問時は全然車が無かったのですが、
桜の時期にはこの広い駐車場を車が埋め尽くすのでしょう。


進徳館」。
高遠藩の藩校進徳館は現存しており、
見学することが出来るようです。
訪問時は早朝なので開いていませんでしたが、
城域に残る藩校建物は珍しいらしいので、
見学出来なかったのは残念。


高遠城址公園」。
観光客も見られず閑散としていましたが、
桜のシーズンには多くの人々が訪れるのでしょう。
訪問時には緑の葉を付けていましたが、
立派な桜の木がいたるところにあることから、
見事な花を咲かすであろうことが想像できます。


高遠閣」。
昭和11年に、休憩所や集会所として建てられたもの。
旧高遠町出身の名士らが出資又は寄付を募り、
帝国ホテル日本郵船本社を手懸けた伊藤文四郎が設計。
昭和初期に建てられた大型近代和風建築の遺構として、
国登録有形文化財に登録されています。


天下第一桜」碑。
高遠城の桜は「高遠小彼岸桜」という固有種で、
小振りでピンクの強い可憐な花を咲かせます。
城域には約1500本の桜の木があり、
全国的にも大変有名な花見スポットとの事。
なかなか桜シーズンに訪問することはできませんが、
それほど見事ならば、いつか見てみたいと思いますね。


桜雲橋」と「問屋門」。
橋から満開の桜を望むと、雲のように見えることから、
桜雲橋と命名されたようですが、命名は明治期のようです。
何度も橋の架け替えがあったようで、
太鼓橋の時期もあったとのこと。
山本勘助考案による敵を落とす仕組みもあったらしい。

問屋門は本来ここにあったものではなく、
高遠城下にあったもので、昭和23年に移築されました。


本丸跡」。
本丸跡にも「高遠小彼岸桜」が無数に立っています。
この本丸で武田勝頼が生まれ、武田信虎が死去し、
仁科盛信や小山田昌成・大学助兄弟が討死しました。


中村元恒・元起記念碑」。
中村元恒は高遠藩の藩医兼藩儒。
元起はその息子で昌平黌に学び、
藩校進徳館の設立に貢献。
高遠藩の子弟の教育に尽くし、
維新後は松本に開智学校を開いています。


須田経哲頌徳碑」。
須田経哲は高遠藩の藩医。
江戸の林洞海、佐倉の佐藤泰然に蘭方医学を学び、
高遠藩領内で種痘を実施しています。
伊東玄朴に師事して象先堂の塾頭を務め、
文久元年にはクロロホルムを使用した下腿切断手術を
日本で初めて実施しています。
阿波藩に迎えられて藩医を努めた後、
幕府の要請で軍陣外科の講義を行い、
明治元年に高遠に戻りました。
後に博愛社の創設にも貢献しています。


太鼓櫓」。
藩政時代の時報に使われていた太鼓櫓は、
高遠城の搦手門内にあったようです。
廃城後に三峰川対岸の白山に移設されていましたが、
明治8年頃に現在の位置に再移設されました。
明治45年に大きく改築され、
太鼓による報時が中止されるまで使用されています。
戦後は、高遠高校の時報替わりとされたようですが、
高校の時報が太鼓ってなんだか素敵ですねぇ。


新城藤原神社」。
新城社藤原社という2つの神社を合祀した神社。
新城社は討死した仁科盛信の霊を祀ったもので、
藤原社は藩主内藤家の祖先藤原鎌足を祀ったもの。
明治12年に合祀して、
新城藤原神社」となって現在に至ります。

本丸から南曲輪へ。
南曲輪には婦人寮や離れ座敷があったとされます。

靖国招魂碑」。
日露戦争終了後の明治30年に建てられた招魂碑。
南曲輪は廃藩後に荒廃していましたが、
この靖国招魂碑の設置に合わせて整備されたという。

南曲輪から法幢院曲輪へ。
かつて法幢院という寺院があった事が名の由来。

広瀬奇壁 河東碧梧桐歌碑」。
広瀬奇壁は北海道手稲鉱山を開発し、
鉱山業に従事した人物。
河東碧梧桐正岡子規の高弟で、
俳句革新運動の代表的な人物。
碑の両面にそれぞれの歌が刻まれており、
歌はそれぞれの方向の景観を詠ったもの。

法幢院曲輪から二ノ丸へ。

無字の碑」。
高遠藩士伊澤勝三郎の子で、台湾総督東京市長
新潟、愛媛、和歌山各県知事を歴任した伊沢多喜男の碑。
郷土の人々が頌徳碑の建設を計画しましたが、
伊沢は断固として建立を承知しなかった為、
字を刻まずに無字のまま建てられたという珍しい碑。

幕末の藩主内藤頼寧は、早くから藩内の軍備を西洋化し、
藩外各地から専門家を招集したり、
藩士らを各所に派遣したりしています。
次代の内藤頼直は、中村元起の進言により進徳館を設立。
先代より訓練された藩兵は、和宮降嫁の際の護衛、
生麦事件天狗党の乱での出動、長州征伐などに参加。
戊辰戦争では北越戦争に参加し、
北陸道鎮撫総督西園寺公望を良く助けたとされます。

江戸期に使用された城の中で、
これだけの戦跡のある城もなかなか無いでしょう。
空堀縄張など、戦国時代の雰囲気を残しているのも、
しっかりと藩庁として明治まで使われたからでしょう。
訪問時はシーズンオフで閑散とはしていましたが、
桜のシーズンには沢山の人々が訪れるであろう生きた城。
高遠城はそんな雰囲気でした。

【高遠藩】
藩庁:高遠城
藩主家:三河内藤家
分類:3万3000石、譜代大名

■関連記事■
宮崎県延岡市 延岡城跡
 延岡藩内藤宗家の居城跡。
愛知県豊田市 挙母城跡
 同族の挙母藩内藤家の居城跡。
新潟県村上市 村上城跡
 同族の村上藩内藤家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。