新潟県村上市 村上城跡

村上藩の藩庁である村上城は、
上杉家家臣本庄繁長の居城でしたが、
上杉家の会津転封に伴い繁長は守山城へ移り、
代わって村上頼勝が城主となり、
城の大規模な改修が行われます。
築城当初は本庄城と呼ばれていましたが、
頼勝による近世城郭への改築工事によって、
村上城と呼ばれるようになり、
その後、堀直寄本多忠義松平直矩
内藤弌信と城主が変わっても、
村上城の名称が使われました。


村上城跡」。
村上城は小高い臥牛山に建てられた平山城で、
新潟県内唯一の総石垣造りという。
臥牛山は低いながら急峻でしたので、
中世より山麓に居館が建てられ、
江戸期の城のようだったそうです。


一文字門跡」。
登城口「七曲り」へ通じる一文字門の跡。
内枡形形式の櫓門だったようで、
多聞櫓の一部が2階建てとなっており、
山麓部最後の防御拠点としての役割があったようです。


城主居館跡」。
藩政の中枢である山麓居館があった場所。
村上藩は藩主が数度代わっており、
石高が15万石の時代もありました。
しかし最後の藩主家内藤家は5万石で入封しており、
15万石規模の御殿の維持は苦しかったらしく、
殿舎が老朽化しても修繕できないほどであったとか。
火災の記録が無い事から、
江戸初期の御殿が幕末まで使われていたようです。


一文字門跡より「七曲り」を登る。
七曲りと名付けられていますが、
数えると8つも折れていました。


四つ門跡」。
「七曲り」を登りきると現れる四つ門の跡。
四方に門のある特殊な二階櫓だったようで、
登ってきた西側の「七曲り」、東側に下る道、
北側の三之丸、そして、二之丸本丸に通じる南側に、
それぞれ門があったようです。


調練場跡」。
三之丸は山上部最大の面積を持つ曲輪で、
大型の蔵が3棟も建てられていたようですが、
明治元年の絵図によると、蔵は1棟だけとなり、
三之丸には調練場という文字が記されています。
どういう調練を行った場所かは不明ですが、
時代的、面積的に鉄砲などの調練が、
行われたのではないでしょうか?


御鐘門跡」。
外枡形形式の櫓門で、二之丸への入り口。
四つ門との位置関係が絶妙で、
火縄銃の射程範囲ギリギリに作られ、
また七曲りから侵入する敵への射撃も可能なようです。


出櫓跡」及び「本丸石垣」。
「御鐘門跡」を過ぎれば見えてくる石垣郡。
修復作業中のようで、
ブルーシートなどが敷かれていますが、
かなり出来上がっている様子。


冠木門跡」。
本丸への入り口で、最後の防衛線として設計されており、
多聞櫓、渡櫓が連結していたようです。


本丸跡」。
本丸には天守の他、5棟の櫓が建っていたようですが、
天守への落雷でその全てが焼失してしまい、
その後は再建されませんでした。



天守台」。
天守は2度建てられたようで、
始めは堀直竒によって築かれましたが、
その後、松平直矩によって建て替えられています。
この建て替えの理由は明らかではありませんが、
親藩松平家に相応しい天守へ、
建て替えをしたのではないかとされます。
しかしながら、この天守は建築後わずか4年で消失。
以後は再建されませんでした。


舞鶴城址」碑。
天守にある跡碑。
村上城は別名舞鶴城といいますが、
舞鶴城の別名を持つ城は全国に数多い。
鶴が舞う様子は、
城に表現しやすかったのかもしれませんね。


天守台からの村上城下。
城下が一望できて素晴らしい眺め。
写真には撮っていませんが、
白鳥の群れが上空を飛んでいました。
20数羽の白鳥が編隊を組んで飛ぶ様子を、
真近で見られたのはラッキーでしたね。
舞鶴城もいいけど、
白鳥城なんて別名もいいんじゃないかな?

享保5年に内藤弌信が5万石で入封して以降、
廃藩置県まで内藤家が村上藩の藩主家となります。
9代続いて幕末期の藩主は、
7代内藤信親(信思)と8代内藤信民
7代信親は老中を11年務め幕政の中枢を担いますが、
公武合体の失敗の影響から免職となり、
家督を養嫡子の信民に譲りました。
信民も譜代大名として佐幕の姿勢を取っていましたが、
鳥羽伏見の戦い後に新政府に恭順。
しかし未だ藩論は定まらず、奥羽越列藩同盟に加盟し、
北越で同盟軍と共に新政府軍と戦います。

そんな最中、突如藩主である信民が自害。
藩内は混乱し抗戦派恭順派の争いが生じ、
抗戦派家老鳥居三十郎は、藩士200余名と共に庄内へ。
恭順派家老江坂与兵衛らは新政府軍に降伏しました。

降伏した村上藩兵は、新政府軍に組み込まれ庄内へ出兵し、
鳥居ら抗戦派藩士らは庄内で新政府軍の侵攻を食い止め、
村上藩同士で戦う事となっています。

庄内藩の降伏後、鳥居には斬首が言い渡されますが、
村上藩は鳥居を切腹させました。
また、恭順派家老江坂与兵衛は、
抗戦派藩士島田鉄弥らによって暗殺。
信民の自害により空席となっていた藩主は、
隠居していた7代信思が養嫡子を岸和田藩から迎え、
9代藩主内藤信美が誕生しています。

【村上藩】
藩庁:村上城
藩主家:三河内藤家
分類:5万石、譜代大名

■関連記事■
宮崎県延岡市 延岡城跡
 延岡藩内藤宗家の居城跡。
愛知県豊田市 挙母城跡
 同族の挙母藩内藤家の居城跡。
長野県伊那市 高遠城跡
 同族の高遠藩内藤家の居城跡。
福島県いわき市 湯長谷陣屋跡
 同族の湯長谷藩内藤家の陣屋跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。