福岡県筑紫野市 山家宿跡

山家宿長崎街道筑前六宿のひとつで、
薩摩街道の起点にもなっていました。


筑紫野市山家周辺。
緑の線が長崎街道で、紫の線が薩摩街道。
水色の線が日田街道です。
地図左下の交差が山家の追分

北側から散策。

山家宿東構口跡」。
構口は筑前六宿に設置されていた入口で、
石垣に白壁の練塀が造られており、
始点の小倉側を東構口と呼び、
終点の長崎側を西構口と呼んでいました。


山家宿大庄屋役宅跡」。
山家村大庄屋近藤弥九郎の役宅跡。
各村への年貢割り当てや納入、
土木工事や参勤交代の人馬役等、
広範囲に村政に関わっていたようです。


山家宿問屋跡」。
人馬の継立業務が行われた問屋の跡。
街道筋は県道77号となっており、
車が絶えず通行していました。


薩摩屋跡(下茶屋跡)」。
筑前六宿お馴染みの薩摩屋の跡で、
現在は横浜金属商事㈱福岡支店の敷地。

街道はここから路地に入ります。

山家宿郡屋跡」。
郡内の村役人達が郡奉行に通達を受けたり、
普請等の打ち合わせが行われた施設で、
郡屋の建物は郡屋守が管理していたという。
写真は現存するその郡屋守役宅跡


郡屋建物跡」。
本体の郡屋建物は取り壊されており、
何かのプレハブ小屋が建てられていました。

街道沿いに戻って御茶屋跡へ。
路地はいびつな五差路に突き当ります。
※長崎屋の跡地もあったのですが、
 写真を撮り忘れました。


御茶屋(本陣)」。
福岡藩営の本陣である御茶屋の跡。
この場所から奥が御茶屋の敷地でした。

五差路から南西方向に街道は続きますが、
すぐに宿場は終了します。

西構口跡」。
状態良く現存する唯一の構口跡。
なるほどこのようになっていた訳ですね。
これはかなり貴重な史跡です。


謝人贈魚」。
女流漢詩人原采蘋の漢詩碑。
原采蘋は江馬細香梁川紅蘭と並び、
幕末の女流漢詩人の代表的人物。
男装、帯刀の姿で各地を遊歴し、
多くの漢詩を生み出しました。
嘉永元年に母の為に山家宿に移り住み、
私塾を開いて約10年間暮らしています、
母の死後は再び旅に出かけますが、
土屋蕭海を訪ねていますが、
病気となって客死してしました。
彼女の塾は西構口の東側にあったようです。

再び五差路に戻って西側の道へ。
代官所や下代の屋敷が集まっていました。

山家宿下代屋敷跡」。
下代を務めた高嶋家の屋敷跡。
下代とは代官所配下の宿場役人の事で、
代官代理として庶務を指揮していました。
坂道に4軒の下代屋敷が並んでいたようで、
交代や連携で業務にあたっていたという。
建物は平成6年まで現存していましたが、
腐食が著しく学術調査後に解体されました。


下代屋敷もやい井戸」。
下代家族が共同で使用していた井戸らしい。


山家宿代官所跡」。
福岡藩が設置した代官所の跡地。
代官は宿場を司る司法、行政の長で、
初代代官は黒田二十四騎桐山丹波が務め、
宿場整備や令水峠の開削に活躍したという。

その桐山丹波の墓があるということで、
更に道を上っていきます。

桐山丹波守(孫兵衛)墓所」。
案内標識どおりに行くと簡単に発見。
桐山丹波は黒田職隆からの大譜代の家臣で、
次代の黒田考高、次々代の黒田長政に仕え、
数々の戦に参加して戦功を挙げた他、
母里太兵衛と共に冷水峠を開通させました。

山家宿を出て山家の追分へ。

山家宿番所跡(左)」、
山家宿追分石(右)」。
ここで日田街道と交差して薩摩街道と分岐。
長崎街道は六宿最後の原田宿へ向かいます。

■関連記事■
福岡県北九州市 木屋瀬宿跡
 長崎街道2番目の宿場町。
福岡県飯塚市 飯塚宿跡
 長崎街道3番目の宿場町。
福岡県飯塚市 内野宿跡
 長崎街道4番目の宿場町。