佐賀県佐賀市 弘道館記念碑

佐賀藩(肥前藩)の藩校は弘道館
弘道館という校名は、佐賀藩の他、
色々な藩の藩校に命名されていますが、
弘道」とは、
人(徳)の道を弘むる」という意味で、
の素晴らしく良い名前なのでしょう。
天下三弘道館の肥前藩、水戸藩出石藩他に、
谷田部(茂木)弘前藩黒川藩福山藩
彦根藩尾張藩などで用いられました。

佐賀藩の弘道館は、
高名な熊本藩の藩校「時習館」をモデルに、
儒学者古賀精里石井鶴山等が諸国を遊学し、
諸藩校の良い所を参考にして創設。
10代藩主鍋島閑叟は弘道館を充実させて、
多くの優秀な人材を育成します。
新政府で活躍する副島種臣大木喬任
大隈重信佐野常民江藤新平島義勇など、
多くの優秀な人材を輩出しました。
彼らの精神的支柱であった枝吉神陽も、
弘道館で教鞭を執っています。


弘道館記念碑」。
鍋島家関連の古文書を展示する徴古館の脇。
佐賀藩校弘道館は約5400坪の敷地に、
大講堂、武芸場等の他に、
7局6寮を備えた大規模な学校でした。 

岩倉具視は息子らを弘道館で学ばせたいと、
閑叟にその旨を伝えますが、
閑叟は貴公子を学ばせるところではないと固辞。
それでも岩倉は無理に頼みこみ、
結局は入学させる事になり、
養嫡子岩倉具綱、次男具定、三男具経
長男で南岩倉家を継いだ具義を留学させました。
岩倉が自分の子息を入学させたことからも、
トップクラスの機関だったことが伺えます。

■関連記事■
佐賀県佐賀市 佐賀城跡
 佐賀藩35万7000石の藩庁。
佐賀県佐賀市 大隈記念館及び龍泰寺
 佐賀県唯一の総理大臣大隈重信の菩提寺。
佐賀県佐賀市 本行寺(江藤新平墓所)
 維新十傑のひとり江藤新平の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。