佐賀県佐賀市 本行寺(江藤新平墓所)

本行寺は、龍造寺胤家により建立された寺。
胤家は龍造寺家嫡男でしたが 家中の対立で出奔。
家督を継ぐことはなく各地を転々とした人物。
放浪の末に戻ってきたのか、
風の便りで死んだことを知った寺が建てたのか、
胤家のものと伝わる墓もあります。

また、龍造寺家や鍋島家に仕えた武将で、
多くの治水事業に貢献した成富茂安の墓もあります。
後にこの成富茂安の治水事業の手腕を耳にした明治天皇は、
幕末の志士達と共に従四位を追贈しています。

それと、肥前藩初代藩主鍋島勝茂の四男で、
藩主家親類の白石鍋島家初代鍋島直弘の墓もあります。
一時期、成富家の養子となっていた直弘の遺言で、
元養父であり師でもあった成富の菩提寺に葬られたもの。

この本行寺には、江藤新平の墓もあります。

本行寺」。
石灯篭が並ぶ参道はなかなかのもの。
この石灯篭を抜けた左手に江藤家の墓所があります。


江藤新平君墓」。
佐賀の乱に敗れた江藤は、各地で武装決起を促しますが、
受け入れられず、土佐で捕えられ佐賀に送られます。
江藤の手配写真が出回っていたため、
速やかに捕えられたのですが、
この写真手配制度は皮肉にも江藤自身が確立したもので、
江藤本人が被適用者第1号となったのです。
佐賀裁判所にて「除族ノ上、梟首申シ付ル」の判決が下り、
佐賀城二ノ丸にて斬首され、嘉瀬御仕置場で梟首されました。
3日の後に友人であった相良宗蔵が首と胴体を貰い受け、
首と胴体を竹で刺してつなぎ合わせて蓮成寺に葬りました。

そして、江藤を慕う人々が連日墓所に参拝するようになり、
いつのまにか
江藤の墓に参れば、どんな病気でも治る・・
とまで云われるように・・。
その参詣客を目当てに商人達は菓子や果物を境内で売り、
賽銭なども多く集まって蓮成寺はとても繁盛したようです。

その後、縁者らの参拝に都合が良い本行寺に改葬されます。
明治14年の事でした。


江藤家の親族の墓。
右から江藤新平の長男江藤熊太郎、次男の江藤新作
そして曾孫の江藤小三郎
長男の熊太郎は、23歳の短命で死去し、
兄の死後に家督を継いだ次男の新作は、
衆議院議員犬養毅の側近となりました。
曾孫の小三郎は、昭和44年に同胞らの覚醒を促す為に、
国会議事堂前でガソリンをかぶって焼身自決した人物。
三島由紀夫もその行動に影響を受けたとされています。

江藤新平の賊徒としての罪名消滅は、明治44年の事。
衆議院で満場一致で可決されたようです。
次男の新作はその前年に亡くなっており、
残された新平の妻千代が皇后より見舞金を下賜されました。

■関連記事■
佐賀県佐賀市 佐賀城跡
 佐賀の乱で建物の殆どが焼失しています。
福岡県久留米市 山川招魂社
 山川招魂社には、佐賀の乱で戦死した官軍兵の墓碑もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。