佐賀県佐賀市 大隈記念館及び龍泰寺

佐賀県出身の総理大臣大隈重信のみです。
薩長土肥の一角を担う佐賀県にしては少ない気もしますが、
山口県の8人が非常に多いだけで、鹿児島県も3人ですし、
高知県も2人と意外に薩土肥は少なかったりします。
そのことから田布施システムという妄想が、
未だにネット上に書かれているのでしょう。

話はそれましたが、大隈重信の生家墓所を訪問しました。
大隈は日本初の政党内閣の総理大臣ですが、
一般的には早稲田大学の創始者として知られており、
共に私立大最高峰と称される慶応義塾大学の創始者福沢諭吉が、
政治家ではなかった(政治活動はしていた)ことから、
大隈が政治家だったということを知らない人も多い。
福沢は思想家で、大隈は政治家でしたが、
二人の仲は良かったようで、早稲田大学の創設も、
福沢の助言によるものという説もあります。

大隈は佐賀藩士大隈信保の長男として、
佐賀城東側の会所小路に生まれました。
生家は現存しており、国指定史跡となっています。


大隈重信旧宅」。
現在保存修理中で、見学ができないとの事。
せっかく来たのに・・・。

大隈家は300石取りの上士で、代々火矢頭人を務める家柄。
幼名を八太郎と云い、7歳より藩校弘道館に学びます。
旧態依然の儒学教育に反発し、校内同志らと改革を訴え、
保守派の学生と対立して、殴り合いとなり退学させられます。
国学や蘭学など新しい学問を学び、藩が設置した蘭学寮に入学。
蘭学寮が弘動館に合併されると、弘道館蘭学教授となります。
慶応元年には長崎にある佐賀藩の英学塾致遠館の教頭格となり、
校長であったグイド・フルベッキに英語を学ぶ。
慶応4年に大隈は副島種臣と脱藩して、
大政奉還を将軍に勧めることを計画しますが、
大した結果を得られぬまま捕縛されて、謹慎処分を受ける。

大隈は維新後に、薩摩の小松帯刀に推挙されて、
外国事務局判事などを務めます。
浦上信徒弾圧事件における英国の抗議に対し、
交渉などで手腕を発揮。財政や殖産興業にも携わりますが、
明治十四年の政変で下野します。

下野した大隈は立憲改進党を設立して自由民権運動に参加。
また東京専門学校(早稲田大学)を設立し、
人材の育成にもあたります。

明治21年に伊藤博文に召喚され外務大臣として政界に復帰。
玄洋社来島恒喜の爆弾テロで右足を失う不幸にみまわれますが、
明治31年に薩長以外からのはじめての内閣総理大臣となりました。

明治40年に政界を引退し、教育活動に力を注ぎますが、
大正3年に大命降下で再び内閣総理大臣となります。
在任中に第一次世界大戦が勃発し、ドイツに宣戦を布告。
山東半島や南洋諸島からドイツを駆逐して、
中華民国政府に対して対華21カ条要求を行いました。
大正5年に総辞職し政界から完全に引退。
大正11年に胆石症で死去しました。

大隈記念館」。
旧宅の隣には、大隈記念館が建てられています。
館内には遺品などが展示されており、
中でもテロで失った右足を補うために使用された義足は、
なんとも痛々しいものでした。
その他早稲田大学関連の展示もされていますが、
早稲田大学出身でもない僕には、あまり興味が湧きません。


大隈重信候之像」。
記念館の敷地内にある銅像。
大隈の銅像といえば、国会議事堂内にあるものと、
早稲田大学の2体が有名ですね。
この像は大隈と同じ身長とのことで180cmあります。
大隈は当時としては大柄で、歴代総理の中最も背が高いとか。
写真は逆光でほとんど影になってしまいましたが・・・・。

生家より、佐賀城の西側の大隈家の菩提寺へ。

龍泰寺」。
龍造寺隆信が創建した寺院で、龍造寺家の菩提寺。
隆信の墓もここにあったようですが、
藩主鍋島直大による龍造寺家、鍋島藩主家の改葬事業により、
ここにあった隆信の墓は高伝寺に移されました。
この龍泰寺は大隈家の菩提寺でもあり、
門前に大隈家墓所があります。


大隈重信の墓」。
大隈重信は東京の護国寺に眠っていますが、
この龍泰寺にも大隈重信の墓があります。
時代的には珍しい五輪塔の墓石ですね。
本堂には切断した右足も安置してあるらしいのですが、
もちろん公開はされていません(あたりまえか・・)。

■関連記事■
福岡県福岡市 崇福寺(福岡藩主黒田家墓所)
 崇福寺の玄洋社墓所には、爆弾テロを仕掛けた来島恒喜の墓も。
神奈川県横浜市 料亭「富貴楼」跡
 大隈も通った料亭「富貴楼」。
佐賀県佐賀市 弘道館記念碑
 大隈は佐賀藩校弘道館の蘭学教授を務めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。