福岡県福岡市 崇福寺(福岡藩主黒田家墓所)

※2020/02/04 画像の一部差し換え。

崇福寺は元々大宰府にあった臨済宗の寺院で、
黒田長政関ヶ原の戦いの功績により、
筑前国52万石を与えられた際に移転しました。
以後、福岡藩主黒田家の菩提寺として、
福岡藩の庇護を受けて隆盛したようです。

維新後、廃仏毀釈運動の煽りで荒廃していたのを、
明治28年に渡辺玄外和尚が住職となり復興。
その後の福岡大空襲によって多くの伽羅が焼失しました。
黒田家墓所も破壊されて壊滅してましたが、
戦後に再整備され、墓碑などが新たに建立されています。


福岡市博多区千代周辺(崇福寺の場所)


崇福寺山門(旧福岡城本丸表御門)」。
二層造本瓦葺の切妻造の豪華な山門。
この門は福岡城本丸表御門を移築したもの。


崇福寺唐門(旧名島城遺構)」。
小早川時代の居城名島城のものと伝わる唐門
黒田長政が居城を名島城から福岡城に移した際に、
名島城を解体して福岡城の建材にしましたが、
その一部であった唐門が崇福寺に移築されたという。
本堂庫裏などは、現在一般公開されていません。

崇福寺墓地玄洋社墓所に行ってみます。

玄洋社墓所」。
玄洋社は旧福岡藩士らが結成した政治結社で、
西洋列国と対抗する大アジア主義を目指しました。
玄洋社は明治から太平洋戦争敗戦までの間、
政財界に多大な影響力を持っていたとされています。


頭山満先覚之墓」。
頭山満は幕末時はまだ少年でしたが、
明治初期の士族の反乱では、
後の玄洋メンバー進藤喜平太箱田六輔らと共に、
福岡士族の蜂起を画策しましたが露見して投獄。
出所後は自由民権運動に参加して、
玄洋社の設立メンバーとなりました。
後に民権運動から脱却し、国家主義アジア主義に移行し、
右翼巨頭黒幕的存在となっています。
日本に亡命したアジア各地の独立運動家への援助を行い、
後のアジア各国の独立にも間接的に貢献しました。


高場先生之墓」。
高場乱は福岡の女性儒学者ですが男として育てられ、
男装帯刀して藩に認められ正式な元服もしていた人物。
私塾興志塾(通称「人参畑塾」)を開き、
医業の傍ら忠孝・節義を説きました。
この興志塾生達の多くが、後の玄洋社中心メンバーであり、
高場乱は、玄洋社の生みの親ということになります。
人参畑塾の女傑とも称されていましたが、
彼女自身は生来虚弱で、華奢であったといわれています。
人参畑塾ってのがなんだか可愛らしいイメージで、
女性の開いた塾っぽいなと感じます。
※塾を開いた場所が、人参を栽培していた畑の跡だった。


来島恆喜之墓」。
来島恒喜は玄洋社メンバーで、大隈重信の暗殺を図り、
大隈に右足切断の重傷を負わせた人物。
馬車に爆弾を投げつけ、爆弾の爆発を見届けると、
来島は短刀で喉を突いて自殺しています。

さて、玄洋社墓所から黒田家墓所へ。

藤水門」。
黒田家墓所の入口ですが、
門は閉まっており墓所へは行けません。
墓所へは崇福寺を迂回して、裏手へ回るようです。


福岡藩主 黒田家墓所」。
巨大な笠塔婆型の墓石が並ぶ黒田家墓所。
かつては現在の7倍の墓域を有し、
御霊屋、石塔、灯篭の他、
二十数基の墓碑堂塔がありましたが、
空襲により破壊されて荒廃。
戦後に改葬、合祀されて縮小しています。


龍光院殿如水圓清大居士(黒田如水公墓碑)」。
ひとつだけ黒っぽいものが藩祖黒田如水の墓。
如水は云わずと知れた黒田官兵衛孝高の隠居後の号。
権力や武勲、領地及び多くの戦さで獲得した功績が、 
すべて水の泡になったと如水と名乗ったとされますが、
彼はキリシタン大名であったため、
聖人ヨシュアのポルトガル読みから取ったとも。
僕はそれらの理由ではないような気がしまして、
もっと哲学的な意味があるんじゃないかと思いますね。
水の如く」めちゃくちゃカッコいいじゃないですか!
この墓碑は創建当時のもの。
空襲で破壊されなくて、本当に良かったです。


興雲院殿前大中大夫筑州都督古心道ト大居士(黒田長政公墓碑)」。
福岡藩初代藩主黒田長政の墓。
豊臣秀吉に仕えて九州平定文禄慶長の役で活躍し、
関ヶ原では東軍として島左近の軍勢を打ち破ったり、
西軍の小早川秀秋吉川広家などの交渉も務めており、
関ヶ原一番の功労者として徳川家康から感状を賜り、
筑後国52万石を与えられました。
長政の墓碑は空襲で破壊されており、
この墓碑は戦後新たに造られたものです。


直方藩藩主合祀墓」。
直方藩(東蓮寺藩)は福岡藩の支藩でしたが、
4代藩主黒田長清が無嗣子だった為に廃藩しました。
これら藩主の墓も空襲により破壊された為、
合祀された墓碑が建てられました。


福岡藩4代~10代藩主合祀墓(8代除く)」。
福岡藩の4、5、6、7、9、10代藩主の合祀墓。
2、3、8代藩主が抜けていますが、
彼らの墓所は博多区の東長寺にあります。

この中に合祀されている10代藩主黒田斉清は、
博物大名として知られ、植物鳥類を愛し、
長崎での視察でオランダ商館を訪問した際には、
シーボルト本草学分野に関して対話しました。
黒田二十四騎の伝記編纂や家臣系譜調査なども行い、
黒田家と家臣団の繋がりを再確認させて結束を図り、
自らの海防論を「海寇窃策」として纏めさせています。

幕末の藩主11代黒田長溥以降の墓所は、
東京の青山霊園にあり、残念ながら福岡にはありません。

最後の藩主の墓所は東京という事は結構あるのですが、
国元の墓所へ改葬されたケースも少なくありません。
しかしながらこの黒田家墓所は、
黒田家より福岡市に寄贈されたものですので、
11代長溥や12代黒田長知の墓が改葬されることは、
この先も無いでしょう。

■関連記事■
福岡県福岡市 福岡城跡
 福岡藩黒田家の居城。
福岡県朝倉市 秋月陣屋跡
 福岡藩の支藩秋月藩の陣屋跡。
福岡県福岡市 西公園(平野國臣像)
 福岡藩の尊攘志士平野國臣の銅像。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。