神奈川県横浜市 料亭「富貴楼」跡

今も昔も強いなと思う女性は存在します。
不幸な身の上をものともせず、
力強くのし上がっていく。
若い頃に大阪北新地一流クラブでのバイトで、
そのような女性を何人か見ています。

富貴楼お倉もそのような女性で、
6歳で家族が離散してしまい、
新宿品川吉原などで芸者として働き、
明治に入ってからは自分の置屋を開いて、
天下の糸平こと田中平八の資金提供を得て、
料亭「富貴楼」を開きました。


富貴楼跡」。
神奈川中小企業センタービルが建っている場所が、
富貴楼のあった場所。
富貴楼には、大久保利通伊藤博文井上馨
大隈重信大山巌西郷従道
山縣有朋陸奥宗光等々、明治の元勲が出入りしました。

疎遠となっていた伊藤と大隈を引き合わせたり、
対立する三菱共同運輸の仲介をした逸話もありますが、
どれも裏事情なので真相の程は定かではありません。
しかしながら一流の店には、名士が集まるものですので、
あながち信憑性が無いとも言い難い。
実際に僕もバイト中、
どこそこの会長と社長が会って話をしてるとか、
そういうのはよく見ていましたし、
その間を取り持っていたのは、
そのクラブのママだったりしてましたので、
たぶんそうだったんじゃないかなと思っています。

富貴楼は明治26~27年頃に閉店しますが、
系譜として「瓢家」「田中屋」「金田中」など、
その後も名士が通う名店へと受け継がれているようです。
※このブログ初めての神奈川県の記事「川村屋」は、
 富貴楼お倉が養女渡井つる名義で出した食堂が始まり。

 (記事はこちら)。

■関連記事■
東京都品川区 品川宿跡
 品川宿は東海道の第一宿でした。
神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡
 横浜に点在した諸外国の領事館跡。
神奈川県横浜市 明治憲法起草之地
  明治憲法が起草された東屋旅館の跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。